やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐGW

もうすぐゴールデン・ウィークですが、私mssiはまさかの11連休取得に成功しました。

…そのかわり、先週の土日はホント大変だったんですよ。

というわけで、自転車で富士山あたりまで行ってみようと思います。3日~4日かけて、のんびり往復してくる予定です。富士山を登れるかどうかは、まだ調べていません。開通していない可能性もありますな。
スポンサーサイト

東京マラソン応援してきました

今日は「東京マラソン」が開催されて、私の自宅の目の前を大勢のランナーが走り抜けていきました。私の会社の先輩が参加する人のことで応援に行ったのですが、出走者が多すぎで先輩を判別出来ませんでした…どこにいたんですか先輩…

私は今まで、こういうレースに参加する人は、「体力に自信のあるバリバリのアスリートがガチンコの勝負を行うため」に参加しているのだと思っていました。しかし、沿道で小一時間応援していて、その認識が間違っていることが分かりました。

ゴールまであと4キロ。スタートから5時間経過。ある人は息が上がり、ある人は足を痛め、苦しさや痛みと闘いながら走っている。優勝争いをしていたトップ集団は「他人と順位を競い合う」まさにプロスポーツの世界で、私のスポーツに対する認識もそれと同じものだったのだけど、この東京マラソンに参加している一般参加の出走者達は違うのだ。苦しくても痛くても、諦めずにゴールに進む「自分との戦い」を行っているのだ。

そんな一般参加の人たちに、沿道から「がんばれー!」と声援が届く。それに応え、笑顔で手をふるランナー達。その時にわかった。これは、走る人と応援する人が、互いに協力しあって作り出している、ひとつの「イベント」なんだな、ということ。応援している側も楽しいし、「自分も走ってみたいなー」とその時感じた。とても楽しそうなのだ。

というわけで、小さい目標が出来ました。マラソンじゃないけど、自転車の市民レースとか参加してみようかな、と。とりあえず完走が目標の初心者レベルで、イベントに参加する事自体を楽しんでみようかな、と。本当はキチンとしたロードバイクを所持して、LSDで心肺機能を高めてから参加する密かな予定があったんですが、そんなガチンコ指向の予定は別にいらないな、と今回思い知りました。

どうしよう。まだ自転車レースとか見に行ったことすらないんだけども。チャリ屋で見るツールのDVDとか、北京オリンピックのロード部門とか、漫画のロードレースしか知らないや。ま、でも参加すればなんとかなるかな。

今後の予定はナニも考えていませんが、まーなんか決めたらまた報告します。

Win7買いました



Windows7とSSD買ってきた。これからOSを移行してみる。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE. [Blu-ray]

OK。エヴァ破のBlu-Ray予約始まってた。光速で予約した。

Java試験行ってきた

Javaアソシエイツ合格しました。ギリギリで。まさか序盤の自己評価アンケートで出題難易度が変わるなんて…もっと謙虚に答えておけば良かったなぁ。

次は4月の情報処理、DBスペシャリスト。最近仕事でSQL触りまくりで、ようやく感覚が掴めてきた感じ。おまけに本番リリースが(ほぼ)終わったので、今週からは平日に勉強時間が取れると思う。これはかなり合格したいところなので、必死こいて勉強します。

弱虫ペダルが面白い件

先週と今週の「弱虫ペダル」面白すぎじゃね?
コンビニで叫びそうになったわ。

ビールと仕事とITスキル



証券外務員試験が終わった!なんと喜ばしいことか。せっかくの土日を潰してやりたくない勉強をする、という苦行から開放される気分は格別だ。試験の結果は芳しくないだろうが、ビールの味は格別だった(試験前日に呑んだけど

今年は試験を沢山受ける年になりそうだ。まずJavaアソシエイツ、DBスペシャリスト、Javaプログラマ、んで最後にNWスペシャリストを受ける予定。不思議とコンピュータ系の勉強は苦にならない。コンピュータ系の勉強は、つまるところ「道具の使い方」を理解出来てしまえばイイわけで、試験勉強はつまるところ説明書を読んでいるだけだ。

しかもコンピュータの良いところは、ある程度は自分で実験出来るところにある。そして、そういう実験を出来るおもちゃは、ネット上に無料でいくらでも転がっている。そしていざとなれば、自分でおもちゃを作る事も出来るのだ。私はまだ人様に公開出来るようなモノを作った試しはないが、コンピュータは最高に面白い道具だと思っている。そして技術を学ぶ度に、「こんな事も出来るのか!」と感動を覚える。このあたりが証券外務員試験より数百倍楽しい理由だ。

なんというか、自分は本当にこういう業界に向いているんだなーと思った。そして証券を売るような仕事は向いていないだろうし、弁護士なんかも向いていないんだろうなと思う。最近は景気の悪い話ばかり耳にするので、自分が今の仕事を辞める時の事を考える。自転車屋で働くか、コーヒーショップで働くか、アキバのPCショップで働くか、本屋で働くのが向いているんじゃないだろうかとなんとなーく考えている。杞憂に終わると嬉しいんだけど。

まぁ、当面はITの基礎スキルを身につける必要がありそうだ。昨年末から今月にかけて、かなりの数のコンピュータ書籍を買ったが、これらの殆どを読んで身につけないと仕事になりそうにない。精進あるのみだ。

来週試験なんですが

証券外務員の試験に申し込んでしまったので勉強しているけど、これが全く面白くなくて辟易している。

仕事に使えそうな知識は無いし、覚えたから何かが解決する訳ではないし、覚える事はと言えば専門用語とルールだけ。会社で奨励されていたとはいえ、なんで受けようと思ったんだろうな自分。

試験自体は◯×なので、頻出問題だけ覚えればもういいか(それでも受かる見込みは無いけども)。何せ勉強している内容に全く興味が湧かないので、全く頭に入ってこない。明らかに自分の苦手分野だな、と悟った。今まで理系畑にいたから気付かなかったんだなぁ…

一方のJavaアソシエイツの勉強はほぼ終了しました。インプットは終わったので、練習問題を解くのみ。こっちはスイスイ覚えられた。なんだろうこの差は。

ちなみに受けるのは外務員二種です。一種は受けないだろうと思います。面白くないので。

エネルギー切れてきた

あけましておめでとうございます。
なんか間が空いてしまいましたが、年末から最近までの顛末でも。

・「うみねこのなく頃に」にハマる
・ケータイが壊れて全データ消える
・酒で胃を悪くして連休中引き篭る

こんな感じでした。なんだか疲れたわ。

ゲームは1日1時間

掲題は、私たちの世代が小さい頃から口酸っぱくして親から言いつけられていた事だ(こういう事をいうと、30代に思われる)。社会人になってようやく、この格言の素晴らしさが分かるようになった。「何事もほどほどに。やることヤレよ」という意味だと解釈してる。

もちろん子供の頃は1時間なんて守っていなかった。親が風呂に入ったタイミングを狙ってスーファミの電源をONし、親が寝静まったタイミングを見計らって布団から抜け出してスーファミの電源をONしていた。1分1秒でも長く、楽しいゲームをやり続けたい、当時はそう考えていた(つい最近までである)が、社会人ともなると、当然そうは行かないことが分かってきた。家に帰ってずーっとゲームやってると、翌日の仕事に響きまくりである。勉強せにゃならん事も多い。そこで1日1時間である(結局やるのかよ

最近はDBの本を読みつつ、Javaアソシエイツの本も読み始めている。Javaの初歩だからと馬鹿にしていたが、細々としたもの(JNDIとか)をテキトーにググって眺めても全く吸収できないので、割と有り難かったりする。Javaアソシエイツは確実に取れそうなので、そのままJavaプログラマまで取ろうかなーと画策中。しっかし受験料高いな…

ネットワークはひとまず置いといて(ぉ

1月末に証券外務員二種を受けることに決定。もう試験の申込は完了してたり。同期が2日しか勉強してないのに取れたとか言ってたので油断しまくりだけど、自分は1週間以上かかるのが確実なので、年明けてからボチボチやろうかなーと思う。

ゲームを1日1時間に設定してから、生活がうまく回り始めた。油断せずに行こう。

ちなみに1日1時間やってるゲームは、相変わらずVirtua Tennis 2009。世界ランキング30位程度になりました。まぁ母数がそもそも少ないんですけど。ボコボコにした外人から「fuck u!」とか「cheat」とか罵られながらプレイしてます。あー楽しい(ぉ

 | HOME |  »

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。