やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界樹のblogパーツ使ってみた

私のギルドはこんな感じです。Lv.72~73程度。
スポンサーサイト

世界樹の竜討伐

世界樹日記。三竜倒しました。
以下ネタバレしつつ感想を。

Lv.61で竜を狩るのは無謀かなーと思ったのですが、装備を固めて対策を十分練れば可能だったみたいです。率直な感想として、前作の世界樹Ⅱよりも弱体化しているような気がします。前回は転生パーティで挑んでも赤竜が倒せなくて途中で投げたんですが、今回は無理をせずとも倒せました。まぁ、対策を何もせずに挑むと全滅必須なんですが。

竜の強さを並べると以下のような感じかと。

 雷竜 >>> 氷竜 >>>>>>>>>>>>>>>> 赤竜

雷竜は麻痺と縛りを使ってくるのがイヤラシイ。しかも味方に強化をかけると、強化打ち消し+呪い+即死を使ってくるので、火力を抑えつつ地道に戦うしか無いのがツライ。体力が半分を下回ると、恐ろしき竜牙を使ってきますが、この攻撃がとにかく強力。ファランクスに斬攻撃対策でスラッシュドメイル+強斬の護符を装備させて挑発をかけないと、簡単にパーティが壊滅します。5の倍数ターンにサンダーブレスを使ってくれば、ファランクスのショックガードで無傷で安定するのですが、最後の最後にサンダーブレスが来ないで恐ろしき竜牙が飛んできたりして、パーティ壊滅させてくれます。こればかりは運だと思います。

氷竜はアイスシールドが鉄壁過ぎです。また氷河の再生でHP回復しまくるので、一番戦闘が長引きます。これが2つともかかると、ラウダナムではどちらか一方しか打ち消せないので、プリンセスのリセットウェポンで消しにかかるんですが、そこにアイスクラッシュが飛んできて頭縛り→リセットウェポンが使えない→物理&雷が一切通らない→氷竜HP回復という悪循環に陥ることがあります。スタンが付く攻撃も地味にいやです。対策としては、敵の強化は即座に打ち消す、こちらの異常は即座に直す、という基本的な行動で地道にHPを削るしかないでしょうか。アイテムは沢山持っていくべし。

赤竜さんは特に対策をしなくても倒せてしまった。前回は赤竜さんがとにかく辛かったんだけども、今回の赤竜さんは攻撃だけしてくる脳みそ筋肉さんなので、斬+壊対策だけしておけば問題無しな感じだぜ。モンクは常にパーティヒール or 全体リフレッシュを掛け続けて、ゾディアックのエーテル圧縮+リミット絶対零度(or氷術式)を使えば倒せてしまう。雷竜みたく強化しすぎると打ち消される事も無いので、プリンセスで攻撃+防御+命中を強化していれば、ドラゴンビートが飛んできても全然痛くない。モンクの残りTPとファランクスのファイアガードだけ気を配ればOK。三竜の中で一番簡単に倒せた気がする。

というわけでLv.99キャップ解禁しました。前作は5階層クリア後が非常に長く、1~5層の時間より、6層での時間の方が圧倒的に長いマゾゲーかつ作業ゲーな感じでしたが(あくまで私個人の感想です)、それはLvキャップ解除の仕組みが厳しすぎたからだと思います。Lv.70まで育てて転生するとLv.71キャップ解除ってどんだけ時間かかるねん。前作はひたすらのレベル上げ作業に嫌気がさして、6層ボスを倒さずにやめてしまったわけなんですが、今回はLvキャップ解除の仕組みが非常に分かりやすくて優しい。竜倒せばいいだけなので、転生なしでもLv.99に育てられます。

と、いうわけで三竜を無事倒し、エルダードラゴンの試練を受けることが可能となりました。空中樹海に行くとエルダードラゴンから大航海クエストが発行されたので、NPCのLv.95シノビ(Lv高い…)と一緒にエルダー討伐に行きました。

エルダードラゴン登場!エルダーということは、おとボク的に考えると「お姉さまドラゴン」とか「お兄様ドラゴン」てな感じだろうか。なんか白くてマッチョな竜登場。しかもこいつ、全箇所縛られてる状態じゃないか!それなんてハンディキャップ?「ナナとカオル」的なソフトSMプレイですか!プレイですか~!今がチャンスだ総攻撃じゃ!おりゃ~前陣迫撃砲術をくらえ!ファランクスもガードしないで殴れ殴れー!おっとエルダーの頭縛りが解除されたぞ。ここからは慎重に行こうか。とりあえずファランクスはラインガードしとけ。モンクにパーティヒールさせて、あとは普通に攻撃だぜ。

 エルダードラゴン は スーパーノヴァ を 放った!

 ファランクスに17300のダメージ!冒険者達は全滅した。

いちまんななせん!?
なんじゃこりゃ。なんという無理ゲー…

世界樹のGW

放置しまくり。まいった。

GW期間中も自転車で旅とかしました。写真も撮ってありますが、現在は「世界樹の迷宮3」に絶賛ハマり中なので、このゲームをコンプするまでお待ち下さい。

んで世界樹の話。

本編を3周しました。5層のボスを3匹倒して、現在6層目を攻略中です。
が、この6層目が大変マゾい。最下層の地下25階までたどり着きましたが、敵がめっちゃ強い&ダンジョンがイヤラシイ作りになっているので、少しずつ進めています。

状態異常と縛りを使う敵が多いなぁ。んで縛ったところで全体攻撃されてパーティ壊滅なんて日常茶飯事。全員転生組のLv.61だけど、まだまだ楽に歩ける感じではないかな。Lv.70でもおぼつかない気がする。

パーティは以下の感じ。

■ギルド:ウシジマ
アルファ(アンドロ/バリスタ) まんだらけ(ファランクス/シノビ) クリリン(モンク/ウォリアー)
へうげもの(ゾディアック/パイレーツ) ひらこー(プリンス/バリスタ)

アンドロの硬さと攻撃力を活かして、サブバリスタの前陣迫撃砲術メイン。
ゾディアックはエーテル圧縮、特異点定理、エーテルマスタリーを上げて、3色リミットスキルをメインで。
他のメンバーは守り、回復、補助が仕事だけども、ある程度育てたら火力を上げていく感じ。

1層ボスのナマズのレアドロップで、2番目に強い槌が序盤から買えるようになったので、採集専用ファーマで小一時間頑張ってお金を貯めてヤグルシを買いました。モンクでタコ殴りするだけでサクサク進むので、本編クリアは結構順調に進められたと思います。

すれ違い通信で他のプレイヤーのギルドカードを集められますが、秋葉原が圧倒的に効率良いですね。2回行っただけで40枚、あっという間に溜まりました。特に、とらのあな、メロンブックスあたりをウロウロしていると良い感じです。

友人のこの人この人で、世界樹遊んできました。大航海クエスト(みんなで)をプレイしてみましたが、2人で遊ぶと2人パーティしか作れないのな!(まぁ、NPCがいるクエストを選べばいいんだろうけど…)2人で5人パーティとか作れないものかね。もう少し柔軟にやってみたかったなー。

6層まで行くとお金が大変余るので、2人にいい感じの武器を渡して来ましたが、正直なところ強すぎる武器を使うとこのゲームの面白さ(マゾい難易度)が半減するので、使用は控えた方が良いかも知れません。ご利用は計画的に。

他の人のギルドカードを見ていると、やはり少女キャラでパーティ構成している人が圧倒的に多いなぁ。私は男2:女3という感じで作っていますが、これに飽きたら今度は全員オッサン&爺さんでメンバー構成してみますか。とりあえずモンクとショーグンは必須な感じで。あとはファランクス、シノビあたりがオッサン臭漂っているかな。あとはパイレーツかビーストキングで迷うところだけども、パイレーツは一度作った事がある(銃パイレーツで微妙だった…)のでビーストキングにしようか。シノビと6枠目争奪戦になりそうだけども。

BIG BOSSになりました



メタルギア・ソリッド4で、「BIG BOSS」の称号を獲得。攻略サイト見つつ、裏技使ってチマチマ進めていたものの、4時間を切ることはできなかった。まぁ別にいいか。

苦戦したポイントは、Act.1のMk.IIと合流する前、Act.1のビル脱出カエル戦、Act.3のバイク、Act.4のウルフ戦(ハメ技)、Act.5の水密ドアまでの部分。何回もやり直したなぁ…でも、このくらい難しいとやり応えがある。

私はどうもRPGがあまり趣味ではない。キャラクターを強くするのではなく、課題をクリアするためにプレイヤー自身を訓練するゲームが好きだ。パワスマ然り、シューティング然り、音ゲー然りで、このメタルギアもそうだなーと感じる。格闘ゲームも昔やっていたんだが、マーブルvsカプコン(ずいぶん昔だな)あたりからついていけなくなってしまった。

まぁとにかくプレイヤーを訓練する類のゲームは、難しい課題をクリア出来るようになった時のカタルシスが凄く気持ちいい。「最高だ!この感動であと半年は生きられる…っ!」と毎回思っている。

んで件のメタルギア4、EASYでプレイしてると、てきとーに敵を倒しててきとーに進んでいればクリア出来てしまう。が、EXTREMEになると色々工夫しないといけない。それまで使わなかった武器を使ってみたり、違う道を通ってみたり、いつも倒してる敵を倒さず、気付かれないよう脇をすり抜ける工夫をしないと、命がいくつあっても足りないゲームになっている。

BIG BOSSを取得しようとするとマゾゲーもいいところで、敵の数も増えまくり、敵の視野も広がりまくり、小さな物音にもすっ飛んで来るようになり、撃たれると一発でライフ半減する状況で、回復アイテムを使わず、敵を殺さず、気付かれず、5時間以内にクリアしなくてはいけない。考えるだけでも絶望的な状況だけど、これが工夫次第でなんとかなる。何度も繰り返すうちに突破口を発見し、ステージをクリア出来るようになるのだ。これが凄く良い。

上に挙げた苦戦ポイントは本当に難しかったけども、ゲームバランスはかなりイケてると思う。必ずクリア出来るように作ってある。いやはや楽しかった。

2009

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

12月20日頃にふと思い立って、中古で買ったまま放置していたPS用の『バイオハザード2』にうっかり手を出してしまいまして、そこからずーっとゲームしていました。あと冬コミとか、地デジのキャプチャに再チャレンジしたりとか色々してました。以下に、これまでやった事のまとめを。

・『バイオハザード2』 を12回ほどクリア。『4th Survivor』『豆腐 Survivor』モードを出す。
・『聖剣伝説LoM』 を1週目クリア。ひたすら果樹園で野菜作ってた。
・『クロノクロス』 PSエミュレータでうまく動作しなかったので放置。
・『空の境界/忘却録音』 を新宿まで友人と見に行く。
・冬コミで東方の新刊とか。今回出費は控えめ。
・『CrazyTaxi3』 を超久々にプレイ。腕が衰えてたorz
・『SimCity4』 を超久々にプレイ。280年目でこんな街ができた。
・『マリオのスーパーピクロス』 を何故かプレイ。110問ほど解いて飽きる。
・MonsterXで地デジキャプに再チャレンジするものの、上手くいかずに結局断念。
・簿記3級の合格証が行方不明なので、結局再受験する事に。

あー、それぞれについて言いたい事が沢山ある。しかし長くなりそうなので略。とりあえず修士論文そっちのけでひたすらゲームやってた自分の危機感の無さにはびっくりした。バイオ2やり始めたら、なんか変なスイッチが入ってしまったのだ。そこから自分の凝り性が爆発。とりわけSimCity4はやりすぎた…が、人口は13万人程度で天井に。区画と交通網の整備に計画性が無さ過ぎた。反省。そしてマリオのピクロスに飽きて我に返り、今に至ります。

そういえば今回、ひたすらSimCity界隈の情報収集を行っていたのですが、SimCity4は建物を自分で作れるツールによって結構な盛り上がりを見せていて、それは発売から5年程経過した今もなお続いているようです。自分もSimCity大好きとはいえ、これに足を踏み入れたらやばいだろうなーと薄々感じています。なので欲しがりません終わるまでは。

それと最新作の『SimCity Societies』ですが、SimCity好きの間では評判は良くないようです。なんせゲームシステムが随分違って、自分の好きな建物をポンポン配置して、都市の各種パラメータを育てるというもののようで。従来のSimCityのような、「区画を設定し、環境を整えると、街が勝手に成長する」というライフゲーム的な要素はほぼ無くなりました。私も体験版をプレイしてみましたが、システムはむしろ『シムタウン』っぽくあり、こりゃなんだかなぁ、という感じです。難易度も低いし。

そもそもSocietiesには、シムシリーズを開発したMaxisが関わっていません。当時ウィル・ライトはSporeの構想を練っていたようで、Societiesの開発に参加しなかったようです。そんな事があったため、SimCityの名を冠した、全く別のゲームが生まれてしまったワケですな…よってSimCity好きはSocietiesをスルーして、いまだに4をやり続けているようです。

と、言うような事を年末年始に掛けて調べていました。
それでは、今年もよしなに。

来年出る大作が相当ヤバイことになってるらしい

来年出る大作が相当ヤバイことになってるらしい (はてな匿名)

これ普通に読んでて推測可能なんだけども、ここで言う「大作」ってのは今CMバンバン打ってるアレの事だろうね。カジノと着せ替えが出来る大作で、現在社会人の世代が子供の頃にずいぶん遊んで、前作から何年ぶりに発売するとなれば、もうアレしかあるまいて。

となると、ここで出てくる下請け会社はあそこの事だよなー。確かにあそこはここ最近急激に成長したと思う。数年前まで聞いたこと無かったのに、今じゃビッグタイトルを抱える企業になった。なんとか教授となんとかとか、イナズマなんとかとか。そりゃぁ自社のタイトルに専念した方がいいだろうて。

こういう事例(曖昧に書かれているが)を見るに、下請けに業務を発注する場合には、トップの管理がしっかりしていないとプロジェクト全体の士気が下がってデスマーチに至る、という典型的なプロジェクトの失敗例はやはり存在するのだな、と分かる。ま、上記の記事が嘘の可能性もあるんだけども。

んで件の「大作」の発売日は…おk。確認できた。この日はネットで祭りになると思うので、今から楽しみにしておこうと思う。

クロノトリガーDS秋田

クロノトリガーDSに盛大に飽きました。最終的な進捗は以下の通り。

・エンディング13種類見た
・レベルは、クロノLv.99~エイラLv.96~カエルLv.93
・強くてニューゲーム5週目
・モンスター遭遇率100%
・アイテム回収率97%

アイテムは、宝箱やモンスターから入手できるものは、ほぼ全て回収したと思います。残るアイテムは、「モンスター闘技場」のランク6をクリアした時にもらえる、「~の鏡」シリーズ(と、「ヌゥの奥義」)だけです。ところがこいつの回収が厄介です。

鏡は全部で5種類ありまして、育てるモンスターの属性によって入手できる鏡が異なります。私は「ソウルガーゴイル」をほぼステータスMAXにして、「アグニの鏡」を1つ入手したまでは良かったのですが、他の鏡を手に入れようと思った場合、モンスターの属性が変化するのを待つか、また最初からモンスターを作り直すかしないとダメっぽいです。

モンスターを育てる際に、アイテムを持たせて修行に出すのですが、モンスターが修行から帰ってくるまで10分間待たなくてはなりません。闘技場でちょこちょこ戦わせて修行に出して、10分放置してまた闘技場で戦わせ、また修行に出して10分放置…というサイクルを際限無く繰り返せば、全ての鏡が回収できそうですが、ゲームしてんのにリアルで10分間待たされる事は退屈極まりないです。そんな事してたら自分が植物になってしまいます。

(ちなみに、実際のプレイ時間で10分間なので、電源を落として10分間放置しても何の意味もありません。つまり、DS本体の時間設定を10分間進めてサクサク進める、という定番のアレは使えません。突込みが入るかと思ったので念のため。)

通常プレイでは、冒険の合間に闘技場に訪れて、モンスターを修行に出してる間に本編を進める…という手順になると思いますが、私は本編は5回もプレイしたのでこれ以上やることがありません。もはやアイテム回収のために、この盛大に退屈なサイクルを繰り返すのか…そう思った途端に、興が冷めてしまいました。

せっかく本編とは独立したコンテンツで「闘技場」というのがスタートメニューから選べるんだから、モンスターの育成に関しても闘技場だけで成り立つような独立したシステムが欲しかったな。10分間放置とか、ゲームとしては一番つまらない方法だと思う。本編のおまけだと言い切るならそれでもいいけど、闘技場でしか回収できないアイテムが絡んでくるんだから、もう少しプレイヤーの操作次第でなんとかなる方法をとっても良かったのでは。例えば、本体時間が10分間進んだ場合に修行から帰ってくるとか、なんか専用の消費アイテムを使ったら即修行から帰ってくるとか。

ちなみにランク6で戦う場合、自分のモンスターのステータスが軒並み90台ならば、「プロテクトコート」を使い続ければ、まず負けることはありません。極論を言えば他のアイテムは一切必要ありません。こうなると闘技場のバトルが白熱するとかいう事は一切無くなります。

また余談ですが、本編の2週目以降は強敵が一切存在しません。まぁこの辺はSFC版から変わりありませんが、それが分かっててDS版出すんだから、Lv.90台のメンバーでも苦戦するような強敵とか欲しかったなーと思います。このソフトを買うのは、かつてクロノトリガーをプレイした熟練のプレイヤーが大多数を占めるでしょうし、DQ・FFのようにグラフィックに変更を加えてリメイクした訳でもない本作は、かつての記憶で初回からマルチシナリオも全てクリア出来てしまいます。熟練のプレイヤーが本当に楽しみにしているのは「その先」なんですが、今回の追加要素はそれほど満足できるものではありませんでした。特にラスボスが弱すぎです。おまけにエンディングがしょぼ過ぎて泣けてきます。果たして何のためにわざわざ買ったのかと。

ラスボス…もはやネタバレしまくってるので隠しませんが、「夢喰い」の歯ごたえの無さにはしょんぼりです。てきとーにシャイニングとマシンガンパンチを撃ってれば、いつのまにか倒せています。本編の「ラヴォス→ラヴォスコア」の連戦よりも数段キツイのを想像していたんですが、むしろ同じ程度だと思いました。それよりは、Lv.99のスペッキオの方が数段強いと思います。望んでいた理想のボスは、Lv.99のスペッキオが3体連続で掛かって来るような奴です。

という訳で、発売からほぼ2週間が経過した「クロノトリガーDS」ですが、果たして何十時間プレイしたのか知りません。(5週目だけ見ると16時間40分ほどですが)。以下に総合的に振り返ってみます。

・本編はSFC版と大して変わってない(当然)
・「次元のゆがみ」はまぁまぁ楽しめた
・「竜の聖域」はあまり面白くない
・「闘技場」は萎える
・「夢喰い」はショボかった

とりあえずこんな感じ。思いっきり飽きたので、貸して欲しい人が入れば貸します。条件は、私と面識のある人でどうぞ。

最近の事とクロノトリガーDS

本日、自宅から徒歩一分の会場でTOEIC受けてきました。人生初TOEICです。が、いかんせん勉強する時間など全く無いのに加え、会社から「必ず受けろ」と言われて渋々受けた訳で、モチベーションが素晴らしく低いです。試験中は終始眠かったです。燦々たる結果が返ってくる事が容易に想像できます。まぁ、今後試験を受けた時、今回の点数より低くなることは無いだろう、と思えばそれもまた良しです。

最近はDSのゲームをずーっとやっている訳なんですが。

・『マリオカートDS』は全てのカップで☆☆☆達成
・『星のカービィUSDX』は「真・格闘王」がクリアできずに放置
・『ケツイDS』はDEATH LABELが相変わらずクリア出来ない
 →DOOMには何回か(残機9とかで)到達しているので時間の問題、に前進
・『クロノトリガーDS』は隠し要素もクリアして現在5週目(Lv.86)

クロノトリガーは私の思い出のゲームです。ちょっと思い出話でも書いてみます。

続きを読む »

どこでもラストガイ

どこでもラストガイ



面白いサイトができました。PS3オンラインにて、\500で販売中のゲーム「ラストガイ」を、世界中の様々なwebサイトをステージにして遊べます。いやーこんなの遊べたら、本家のゲームも欲しくなりますね。PS3持ってないけど。

このゲーム、boxを多用しているblogで実行すると、通れる道が極端に少なくなってあっさり死ねるステージになります。htmlのみで作ってるようなサイト(侍魂とか)だと、比較的プレイしやすいです。ウチのblogとか論外。

っていうか、このゲームのセンスはぶっとび杉だろ…プロモーションムービーとか訳分からん。途中からカレーの話になるし。

リズム天国ゴールドのパーフェクト対策

7月31日に発売した「リズム天国ゴールド」を、ピンポン2とリミックス10thを除いて全てパーフェクトクリアしました。今回も非常に楽しく、ノリノリなゲームが満載で満足しています。

<追記 8/3 01:16>
全てのゲームでパーフェクト達成しました。

以下に、個人的にパーフェクトを取るのが難しかったゲームと、その対策をメモして置きます。

【ピンポン2】
 全ての操作が「はじく」であり、スピードが速く、操作の回数が非常に多いのがピンポン2。リズムぴったりというタイミングではじいてもミスになったりして、今作において最高難易度を誇るゲームだと思います。コツは、はじく前に1泊程度のタッチの溜めを作る事。ドッスン農園みたいな感じでプレイすると良いです。加えて、リズムぴったりより遅れるタイミングの判定が非常に厳しいので、気持ち早めにはじくと安定します。本当に気持ち程度で。はじくのが速過ぎるとミスになります。

【カラテ家2】
 カラテ家は判定が非常にシビアです。ピンポン2とは逆で、リズムぴったりより速いタイミングの判定が非常に厳しいので、気持ち遅めにタッチすると安定します。しかしピンポンとは違い、リズムぴったりでもまた安定できます。最大のコツとしては、画面上のカラテ家の首が上下するタイミングにに合わせてタッチする事です。カラテ家が猛威を振るうのは、ハイスピードなリミックスに組み合わされた時ですが、首の動きに合わせる事で、これも苦にならなくなる…ハズです。

【リミックス6th】
 ウラオモテとカラテ家が非常にイヤラシイです。リフティングをやっていたと思ったら、何の前触れも無くウラオモテに切り替わります。さらにカラテ家の1発目に樽が飛んできます。酷い話ですが、カラテ家の樽のタイミングだけ覚えてしまえば、まぁ何とかなります。リフティング→ウラオモテの流れは、リフティングを速めに叩いていると、切り替わる瞬間に叩いたつもりがリフティングに吸収消滅されて、ウラオモテでミスになる場合があるので注意。そこにだけ気を付けていれば大丈夫なゲームです。

【リミックス8th】
 ピンポン2が絡んできて、タダでさえ難しそうですが、中間のカメラマン→カラテ家→しゅぎょう→ブルーバーズの流れを把握しないと、いつまでもパーフェクトが出せないゲームです。冒頭のピンポン2→犬忍者の部分は、実はピンポンのリズムを一定に保っていれば大丈夫です。中間は、カメラマン→カラテ家→しゅぎょうのリズムは実は同じです。惑わされずに淡々と同じリズムを刻めば問題ありません。後半のピンポン高速ラリーは、頑張ってとしかいいようがありませんが、あまり躓くところではないかな、と思います。

【リミックス9th】
 リフティングとカラテ家が最強にイヤラシイです。前半は、何の前触れも無く突然リフティングに切り替わるので、用心していてもミスする可能性が高いです。正直、タイミングを覚えてしまうしかありません。シューティングから後半に入りますが、カラテ家の1発目に樽が来るのがイヤラシイです。しかしこれは法則があり、奇数回目にだけ発生します。「奇数回目のカラテ家は、1発目に樽が来る」を覚えてしまえば後半は大丈夫です。まぁつまり、全体的に暗記が必須です。覚えるまでやりましょう。

【リミックス10th】
 リミックス最高難易度がコレだと思います。沢山のゲームが出てきて、全部がハイスピード。パーフェクト判定も超シビアです。さらに引っ掛けもあります。暗記しても、シビアな判定のために、いつまで経ってもパーフェクトが出せない可能性があります。泣きそうになります。それがリミックス10th。しかし、対策が有効です。その分、ピンポン2よりは救いがあります。
 冒頭と最後ののカラテ家は、首の動きに合わせれば問題無いはず。ボックスショーが意外と曲者で、遅くても駄目、速くても駄目。本当にぴったりのタイミングでないとミスになります。
 ラブコールが地味に難しいです。リズムは通常通りの「シャカシャカ」ですが、スピードが速過ぎて入力が大変です。さらに最後に高速のままペンを離すと、はじいたと勘違いされて「シャカシャカシャ」になってミスしてしまいます。これを防ぐには、「シャカシャカ」が終わった時点でペンを止めて、ゆっくりと離すのが良いです。
 引っ掛け部分にあたるのが、シューティング→ウラオモテ→アイドルの部分。シューティングの最後にウラオモテの顔マークが出てくるので、これを撃ったらそのままのタイミングでウラオモテに突入します。そしてウラオモテのリズムが切り替わる時に注意。「ハイ、ハイ、ハイ、ハッーイ」の太字の部分を叩いた直後にアイドルに切り替わります。ここで叩くのを一次ストップしないとミスになります。
 今回の中で最も難しい瞬間かと思われるのが、ショートライブのハイスピード版です。すごい速さで4回はじかなくてはなりません。引っ掛けもクリアしたのに、ここで全てが台無しになる可能性大です。多少のコツとしては、はじく動作を小さく、すばやくする事です。そして、ペンの動きを「上、下、上下」とする事で、大分楽に入力できるはずです。是非試して見てください。

 | HOME |  »

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。