やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたネトゲ廃人の話

重症なネトゲ廃人の俺の昔話

ネトゲの話には反応してしまうなぁ。ほんの僅かな期間とはいえ、私もどっぷりハマった時期がありましたので。

すごく共感したのが、ネトゲに興味が無くなった瞬間。目標を達成してしまうと、ネトゲは興が醒めるんですよねぇ。私はROでアサシン作った後、ROの世界でやるべき事の多さに眩暈がして、「こんなのやってらんねー」と感じて引退しました。およそ1ヶ月半だったと思います。短かった…

しかし、その短さはとても幸せなことだったのだなと、改めて感じていますよ。なので私は、ネトゲの深い世界を知りません。ゆえに深い世界を知っている、廃人の話には興味があるんですよね。それこそ本とか買っちゃうくらいに。
スポンサーサイト

ネトゲ廃人の朝は早い

ネトゲ廃人の朝は早い

これスゲー面白い。というか興味深い。

一つ間違えたら、自分も踏み込んでいたかも知れない世界です。恐ろしいと思いつつ、こういうものは見てしまうなぁ。

前に買った本、『ネトゲ廃人』も面白かったけども、それを圧倒的に超えてる気がする。特にカズヤのくだり。彼はFFをやらなければ、どういう人生を歩んでいたんだろうか。

やる夫の医学 体臭予防

やる夫の医学 体臭予防

これは勉強になる。ワキ毛を剃るとワキガ予防になるとか初めて知ったわ。

上司の雑談のかわしかたは「さしすせそ」が基本

上司の雑談のかわしかたは「さしすせそ」が基本

うおぉぉお、これは凄く参考になる。ありがたいわー。
でも「まみむめも」がちっとも分からないんだぜ。

【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】

数年前に話題になった記事の保管。元ネタは恐らく2ちゃんねるのプログラマー板で、これを[笑わないプログラマ](既にリンク切れ)が取り上げて広まった。開発現場の壮絶なるデスマーチを綴ったこの文章を、私は大学生だった当時に読んで、大いに衝撃を受けた。そこで私は「このままでは日本のIT業界は駄目になる。プログラマの職場環境を改善して、デスマーチを無くさなくてはいけない!」とか思い立って、逆にIT業界を志してしまうというアホな事をやったりした。これから不安で一杯である(ぉ

研修の課題で「10年後の目標像」を語れと言われたので、当時の気持ちを思い出すべく上記の記事を探していたのだが、残念なことにblog[笑わないプログラマ]は死亡してしまったようだ。Googleのキャッシュしか残っていなかったので、ついでにウチで記事を保管したいと思う。

出典:
 プログラマー板@2ちゃんねる掲示板
 笑わないプログラマ

続きを読む »

やる夫で学ぶバブル経済

やる夫で学ぶバブル経済

分かりやすさに定評のあるやる夫シリーズ、今度はバブル経済についてです。
以前も紹介したサブプライムローン問題もあわせて是非。

今度時間があるときに、こういう経済関連の本をまとめて読みたいなぁ。

バブル時代のアレ

バブル時代のとんでもエピソード教えて下さい
バブル景気 wikipedia

ちょうどワタクシmssiくらいの歳だと、生まれて2年後くらいにバブル時代に突入した事になります。そして小学校入学直後にバブル崩壊という事になります。ウチは全く持って普通の一般家庭だったので、バブルの恩恵などはほぼ受けていないと思います。むしろバブル崩壊でお先真っ暗、という風潮が強かった事を鮮明に記憶していますねぇ。

ちょうど映画の『バブルへGO!』が公開された時に、いいともでタモさんがバブル時代のエピソードを少しだけ語っていた事がありました。(記憶が曖昧ですが、)曰く、

 「タクシーをいかに早く捕まえられるかが、ADの腕の見せ所だった。指を3本立てて手を挙げ、『通常の3倍の料金を払う』というサインを出すと、すぐに捕まえられた」
 「当時はみんな競うようにベンツを買っていた。ある時にごく普通の居酒屋で、隣で飲んでいたサラリーマンに声を掛けられて話し込んでいたら仲良くなり、『ベンツをやるよ』と言われて、そのまま本当に1台のベンツをポンと貰った」

他にもあったような気がしますが、思い出せず…
しかし、リンク先のエピソードの数々はそれを凌ぐものです。
内定もらった企業から、1ヶ月のハワイ旅行って…なんだよそれ…

やる夫が科挙を受けるようです

やる夫が科挙を受けるようです(やる夫で学ぶ世界史)
やる夫が科挙を受けているようです
やる夫が科挙に受かるようです

最近見た中では一番面白かったです。科挙は難しいという話は聞いたことがありましたが、具体的に受ける過程を知ると、難しいとか言うレベルでは無いみたいです。1400年以上前からこんなシステムを作っていた中国ってすごいなぁ、と。

スレ紹介まとめ

念願の男の子
 神様もなかなか粋な計らいをしなさる。
 口調からして、東方の神様を連想させるなぁ。

アニメといい愛知県は進んでるな
 今のご時勢にコレは無いだろう…ときメモOnlineのテロを彷彿とさせるわ。
 もえたん変身シーンのジャミング解除といい、愛知は進んでいるなぁ…間違った方向に。

にんげんっていいな/カイジ
 ざわ…ざわ…ざわ…

デスマーチ

【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】
【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】(後半)

こちらはブラック企業というか、IT企業の下請けで往々にして囁かれていたデスマーチの全貌とも言うべきものです。以前紹介したブラック企業物語の開発現場もデスマでしたが、上記の記事は開発案件の規模がさらにでかく、壮絶さは遥かに上です。ブラック企業物語のような人間関係の面白さなどは、一切ありません。あるのはただ、壮絶な開発現場だけ。これからIT業界に足を踏み入れようとしている学生は、生半可な気持ちでは読まないほうがいいかも知れません。

この記事が2chに投函されたのは、今から4年程前の事です。今では開発の手法が改善され、プロジェクトマネジメントの世界標準が確立され、コスト重視、納期重視の路線から脱却し、デスマーチはこの世から無くなった…はずもなく、今現在も、日本のどこかで、デスマーチは発生しているとワタクシmssiは考えています。

このような現象は、プライマリベンダがしっかりしていないから発生するのだ、とワタクシmssiは思います。そして、ささやかながら、このような悲惨な開発現場を無くし、プロジェクトを成功させるというのが、ワタクシmssiの夢であり理想です。「mssiの案件なら、安心して請けられる。」そういう存在になりたいのです。

そんな事をD社で言ったら、すこぶる受けが良かったです。IT業界を志望する皆さん、参考までに。

 | HOME |  »

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。