やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】ジジイ格好良すぎ

邪眼は月輪に飛ぶ



本作品は、単行本1冊で完結している藤田和日朗の漫画だ。藤田和日朗は長期連載を手掛けて来た漫画家だが、この作品では起承転結を1冊の内に描き切っている。ビッグコミックスピリッツに7話集中連載していた作品だ。

この物語は、眼で見られた者は全て死んでしまうという呪いの力を持つフクロウ『ミネルヴァ』と、それを撃ち落せる唯一の猟師『ウヘイ』が対決する話である。ウヘイはかつて、猟師仲間の犠牲を伴ってミネルヴァを後一歩のところまで追い詰めるが、傷ついたミネルヴァをアメリカ軍に横取りされてしまう。そして13 年後、ミネルヴァを輸送中の空母が東京湾に座礁し、ミネルヴァは東京に放たれる。420万人の死者を出す未曾有の大惨事に、ついにアメリカは猟師ウヘイに協力を要請し、ミネルヴァ討伐に乗り出すのだ。

藤田和日朗の演出の上手さ、ストーリー構成の巧みさ、そしてクライマックスで無茶苦茶に盛り上がる情熱が、この一冊に盛り込まれていると私は感じる。特に本書181pは、両者の決着にふさわしいド迫力の描写である。後記でアシスタント達が、このページにトーンや白プー等で手を加える事を拒否した事が書かれているが、アシスタントの言う事は正しい。ペンとベタのみでこれほどの迫力を表現できる藤田の画にトーンを張る必要は無いと感じる。まぎれも無くプロの仕事である。

ちなみに本書は、寝る前の一冊としてもソコソコいける。難しくなくて長くない。ただ読後に興奮するのは少し頂けないか。それもこれもジジイが格好良すぎるのがいけないと思う。まぁ物語はハッピーエンドで終わっているのでいいか。

この物語は、「むかしむかし…」で幕を開け、「むかしむかし…」で幕を閉じる。それを踏まえると、現在連載中の『月光条例』へと繋がっているのだなぁ、とも取れる。長期連載から短編へ。藤田の転機となった作品である。
スポンサーサイト

【読書】未来の世界からやってきた黒歴史です

撲殺天使ドクロちゃん 1



これまでレビューしてきた作品は、『これは面白い!皆に読んで貰いたい!』という気持ちを込めて書き綴っていた。しかし、今回はそうでない事をまずお伝えしておく。今回のレビューは、『すっごく!つまらなかった☆』という本である。

まず第1話がすごい。何がすごいって、作者の画力が高校の漫研の同人誌レベルである。しっかり書いてるコマでも線がブレてる。デッサンが出来ていない。そしてギャグのコマではマサルさんのごとく線を崩して書いているのだが、これがもう読めたもんじゃない。はっきり言って、「プロとして、てんでなっちゃいねー」レベルである。

以前、友人と「つまんない漫画を紹介しあう」という事をやった。友人は『ぷちはうんど』を持ってきた。遅々として進まないストーリー、遠近感に乏しい作画で、かなりの香ばしさを放っていた作品だった。表紙はネコ耳のかわいい少女で思わず買いたくなるが、とんだ地雷である。こりゃぁヒドイなと笑うと、友人は満足そうな顔をしたが、この作品を見せたところ、彼は頭を抱えて黙り込んでしまった。それほどの破壊力を秘めた作品が本作である。

1巻の作画があまりにも酷かったが、一応アニメ化もした作品だし、面白いのかなー連載中に作者の画力も上がったのかなーと期待して2巻を買った。我ながら呆れ返る愚行である。確かに作者の画力は、大学の漫研の同人誌レベルに上達していた。どうやらペン先を変える事を覚えたようだ。という訳で3巻は買っていない。

この漫画を買ってから3年後の今、この作品を笑って楽しめるようになった。もし私が、「すげーつまらない漫画、なんかある?」と聞かれたら、迷わずコレを進呈するだろう。

【読書】本好きな、あなたに。

番線 -本にまつわるエトセトラ



本屋で働く現役漫画家(どっちが本業だろう)の久世番子さんによるエッセイ漫画だ。本好きならばくすりと笑えるネタやトリビアが満載。

前作『暴れん坊本屋さん』では本屋にまつわるネタが多かった。シュリンク、スリップ、版元、取次、パターン配本や定番セット、ふろく組み等々、本屋好きにとって「そうだったのか!」と目から鱗の知識が満載で、週に3日は本屋に行く私でも次の日から本屋の見方が変わった。そして今回の本『番線』は、本屋から一歩進んで、本そのものにまつわるエッセイ漫画となっている。

表紙をめくって現れる口絵で、そうそうに心を奪われる。散らかった本に囲まれて寝ている著者(女性)の姿は、本好きならば誰しも既視感を覚える描写だ。扱うネタも、装丁、本棚、教科書、古本市、写植、校正、辞典と幅広い。そのどれもがトリビアルかつ作者の趣味が満載でクスリと笑える。というかコレで笑えるようなら、あなたも立派な本好きである。

本書最大の見所は、ずばり『国立国会図書館』の件だろう。日本で出版された過去全ての本が網羅されているという国会図書館。人間よりも本優先の素敵過ぎる設備にもうメロメロである。

【読書】げんしけんと私

げんしけん (1)



何を隠そう、私はこの作品を読んで『目覚めた』クチのヲタである。自分の人生を変えたこの作品は、私にとってバイブルに等しい。

今から4 年ほど前だったか、その頃の私は漫画喫茶でバイトをしていた。当時の私は自分の事を、「漫画とか好きだけど、割とフツーの大学生」だと認識していた。そしてある時、たまたまレジの近くにあったこの作品が目に留まり、パラパラとページをめくってみた。そして雷に打たれたような衝撃を受けた。登場人物の中に、まさに自分と同じ行動をとるキャラがアキバを闊歩していたのだ。

私は幼少の頃から、家の電気配線などを自分で改造してしまう親父に連れられて、アキバによく足を運んでいた。最初の頃はゲームを買ったりCD-Rを買ったりしていた。なんか変な店がちらほらある事はうすうす感付いていたが、自分とは関係ないと思い、華麗にスルーしていたものだ。

そんな訳で、「自分はオタクじゃない」とか皮被った考え方してた自分が、げんしけんでアキバを巡回する斑目達の姿と重なって見えた時には大変な衝撃であった。「自分はオタクだったんだ」とこの時悟った。と同時に、「自分はオタクでいてもいいんだ」とも感じた。免罪符を貰ったキリシタンの心境である。これ以降、漫画を読む時の後ろめたさは全く無くなった。以上が、げんしけんと私の出会いである。

内容?

ヲタが同人誌読んでゲームしてアキバとコミケについて語る漫画です。

【読書】漫画家の人生のぶつかり合い

G戦場ヘヴンズドア 1



漫画がテーマの漫画だ。私は元気が出なくなった時にこの作品を読む。この作品の本編中に、『元気が出なくなった時に読む漫画』がちょくちょく登場するが、私にとってこの作品がまさにそうである。

漫画家の父を持ち、周囲から理解されずに孤立する主人公の堺田町蔵と、漫画だけが心の拠り所である長谷川鉄男。この二人が出会い、お互いの人生をぶつけ合いながら漫画を共作する。そして賞金100万円が掛かったコンテストに応募するのだ。

全体的に分かり辛い。台詞がいちいち青臭い。だけども皆、暗く激しい情熱を秘めている。日本橋ヨヲコ作品はどれも暗く激しい。この作品では、鉄男が絶望の淵に沈み込む。元気が無い時に読むと、読者の気分まで絶望に引きずられる。しかし、そこからの切り返しが見事で、ハッピーエンドに向かって一直線に進む。読了後の充足感と安心感に満ちた作品だ。

【読書】曽田正人節の原点

シャカリキ! (1)



最近、自転車漫画がブームである。マガジンの『オーバードライブ』、チャンピオンの『弱虫ペダル』、月マガの『バイキングス』(あまり好きじゃなかった)と、そこそこ作品が出揃ってきた。で、この『シャカリキ!』である。正直、映画化されるまで全く知らなかった。しかし、コンビニで文庫版の1巻を立ち読みしたところ、これが凄かった。思わず全巻を即購入した。

主人公のテルは幼少時に坂の町に引っ越す。あまりに坂が多いためにこの町の子供は誰も自転車に乗らない。しかしテルは坂に魅せられ、町一番の激坂を自転車で征服する。その姿に町の人たちは魅了され、拳を握り締めてテルを応援する。やがてテルは成長し、高校ロードレースの世界でライバル達と熱いバトルを繰り広げるのだ。

普通ならば体力を温存する、ただでさえ苦しい登坂で、テルは人一倍ペダルに力を入れて踏みしめる。今にも倒れそうな顔してる少年のどこからそんな力が溢れてくるのか。遥か後方から迫ってきたテルが、激坂で一人抜かし、二人抜かし、ついにはトップで山を征服する。何かに取り憑かれたような猛烈な登坂は観客を魅了し、新しい世代の到来と共に熱狂の渦を巻き起こす。日本一の山岳王の誕生である。

作者の曽田正人は、非っ常ーに熱い漫画を描く。特に、苦境に立たされた天才が才能を爆発させる場面を描くのが上手い。そんな曽田正人節の原点がここに詰まっていると私は感じる。しかし、作者は全作品を通して主人公をいじめ過ぎである。ドSだ。キャラを苦境に立たせる事が楽しいのではないかとすら思ってしまう。

しかし曽田正人作品の面白さは、主人公がその苦境をことごとく打ち破る点にある。こうなると主人公達も負けてはいない。作者vs主人公の戦いだ。曽田正人が、自らが用意した苦境を主人公達に破られる事に快感を感じているのだとしたら、むしろドMなのかも知れない。(何のレビューだ

来年出る大作が相当ヤバイことになってるらしい

来年出る大作が相当ヤバイことになってるらしい (はてな匿名)

これ普通に読んでて推測可能なんだけども、ここで言う「大作」ってのは今CMバンバン打ってるアレの事だろうね。カジノと着せ替えが出来る大作で、現在社会人の世代が子供の頃にずいぶん遊んで、前作から何年ぶりに発売するとなれば、もうアレしかあるまいて。

となると、ここで出てくる下請け会社はあそこの事だよなー。確かにあそこはここ最近急激に成長したと思う。数年前まで聞いたこと無かったのに、今じゃビッグタイトルを抱える企業になった。なんとか教授となんとかとか、イナズマなんとかとか。そりゃぁ自社のタイトルに専念した方がいいだろうて。

こういう事例(曖昧に書かれているが)を見るに、下請けに業務を発注する場合には、トップの管理がしっかりしていないとプロジェクト全体の士気が下がってデスマーチに至る、という典型的なプロジェクトの失敗例はやはり存在するのだな、と分かる。ま、上記の記事が嘘の可能性もあるんだけども。

んで件の「大作」の発売日は…おk。確認できた。この日はネットで祭りになると思うので、今から楽しみにしておこうと思う。

ベテランプログラマを管理するには?

ベテランプログラマを管理するには?(/.J)

大変興味深い。自分も将来関わってくる内容なので、今からよく考えておこうと思う。

自転車と灯油

自転車のチェーンをDuraにしてから2ヶ月弱が経過しました。近頃は、朝は晴れてるのに午後から土砂降りの雨という天気が多発したので、通学時は雨ざらしにしてある自転車がひどいことに。そうでなくても、雨天時は走行を避けたほうがいいんだけどなー。という訳で本日は自転車を分解して洗浄。

チェーンとスプロケットは、灯油で洗浄してみました。トレイにチェーンを入れて、そこに灯油を少量注ぎます。灯油の中でチェーンをゆすってみると、でるわでるわ汚れがすごい。灯油が真っ黒になります。チェーンは地面に近い場所を通過しているので、ホコリや金属片を吸着しまくってるんだなー。分解したスプロケも、同じ要領で洗浄。使った後の黒い灯油は、ウェスに染み込ませてビニール袋に詰め、燃えないごみへポン。

なぜ灯油で洗浄するかというと、灯油はグリス落としとして使えるからです。自転車屋に行くと、専用のディグリーザー(degreaser、グリス落とし)がブラシ付きで売っています。モノによってはオイルアップ効果のあるものも売っていて、ブラシのボックスをポン付けして洗浄液を注ぎ、チェーンを回すだけで清掃終了、チェーンオイルの注油は必要無しとか便利すぎるグッズまであります。

が、自転車グッズは高いです。灯油でジャブジャブやれば同じことが出来ます。専用のディグリーザーを300ml買う金額で、灯油10Lぐらい買えると思います。さらに専用のディグリーザーには良く分からん物質を投入して、よりチェーンがピカピカになるだのオイルアップ不要だのと色んなことやってますが、所詮汚れが取れりゃ万事OKなので、余計なものが入ってない灯油で洗うのがベターなんだろうなと思います。

洗浄後はチェーンとスプロケの灯油をしっかり拭き取り、組み付けた後にチェーンスプレーでオイルアップしてやる必要があります。灯油は揮発性が高いので、そのままだと1日走れるかどうか怪しいです。チェーンもスプロケも所詮金属なので、粘性の高いオイルを付けないと確実に錆びてしまいます。オイルアップ後は、余計なオイルをウェスで拭き取ります。オイルを付け過ぎると、ホコリが付きやすくなるだけでいい事などありません。あとチェーン回転時に、フレームやホイールにオイルが飛び散って汚れます。

最近マウンテンバイクを買ったウチの親父などは、「KURE 556付けときゃ大丈夫だろ」と言ってましたが、全然大丈夫じゃありません。556は灯油に近いオイルで揮発性が高く、グリスを落とすので、チェーンに付けると数日で錆びると思います。以前私の自転車に556を付けてさぁ安心とか思ってたら見事に錆びて首を捻った事がありましたが、今考えると当たり前の事です。556は汚れ落とし、錆び落としには使えますが、水に流れやすく揮発しやすいので自転車には使える部分がありません。という訳で親父には説教しておきました。

整備した後の自転車は快適そのものです。ペダルを踏んでも音が発生しないでススーッと走れるのは最高に気持ちが良いです。というかチェーンはとてつもなく汚れているので、これから少なくとも2ヶ月に1回は洗浄するべきですな。

積読(つんどく)崩し

この休日に、未読の積読マンガを読もうと思いましたが、結局全部読めませんでした。読んでる傍から新刊買ってるんだから世話がありません。結局まだ10冊以上残っています。一体いつになったら読み終わるんでしょうか。

という訳で、最近読んだマンガの感想を一言で述べて行きたいと思います。

・『蟲師 10巻』 … 完結しちゃったよ!でも最後の話とか好きだなー
・『きのう何食べた? 1~2巻』 … 料理の部分が分からんので損した気分
・『轟高校図書委員 3巻』 … 宇宙人の話とか面白かった
・『数学ガール 上』 … 自分に数学の才能は無いなと感じた
・『GIANT KILLING 5~8巻』 … やべぇ面白い。全部買おう
・『世界樹の迷宮II 上』 … ぎんこさん相変わらず上手いけど下巻で終わるのかコレ
・『天顕祭』 … これ同人で出してたってのが信じられないなー
・『リストランテ・パラディーゾ』 … クラウディオを困らせたい
・『3月のライオン 2巻』 … 羽海野さん今回は重いなー面白いけど
・『Odds 10巻』 … 完結してないよ!続くよ!やったね!
・『未来日記モザイク』 … 本編7巻よりこっちの方がよかった
・『鈴木先生 6巻』 … 相変わらず読むと震え上がるぜ
・『ママはテンパリスト』 … 久々に声に出して笑った
・『初音ミックス』 … KEIさん同人時代とノリが変わってなくて安心した
・『暴れん坊本屋さん 1~3巻』 … 本屋好きなら間違いなし
・『番線』 … 本好きなら間違いなし
・『ダーリンは外国人 1~3巻』 … 今更だけど面白い。親も読める数少ないマンガ
・『不思議な少年 7巻』 … 会社員 I のエピソードは見事
・『魔乳秘剣帖 1~3巻』 … この時代設定はアホ杉。いい意味で
・『ローゼン 7巻 限定版』 … これのせいで今月ピンチ

他にもどっさりあるんですが、まぁこの辺で。

クロノトリガーDS秋田

クロノトリガーDSに盛大に飽きました。最終的な進捗は以下の通り。

・エンディング13種類見た
・レベルは、クロノLv.99~エイラLv.96~カエルLv.93
・強くてニューゲーム5週目
・モンスター遭遇率100%
・アイテム回収率97%

アイテムは、宝箱やモンスターから入手できるものは、ほぼ全て回収したと思います。残るアイテムは、「モンスター闘技場」のランク6をクリアした時にもらえる、「~の鏡」シリーズ(と、「ヌゥの奥義」)だけです。ところがこいつの回収が厄介です。

鏡は全部で5種類ありまして、育てるモンスターの属性によって入手できる鏡が異なります。私は「ソウルガーゴイル」をほぼステータスMAXにして、「アグニの鏡」を1つ入手したまでは良かったのですが、他の鏡を手に入れようと思った場合、モンスターの属性が変化するのを待つか、また最初からモンスターを作り直すかしないとダメっぽいです。

モンスターを育てる際に、アイテムを持たせて修行に出すのですが、モンスターが修行から帰ってくるまで10分間待たなくてはなりません。闘技場でちょこちょこ戦わせて修行に出して、10分放置してまた闘技場で戦わせ、また修行に出して10分放置…というサイクルを際限無く繰り返せば、全ての鏡が回収できそうですが、ゲームしてんのにリアルで10分間待たされる事は退屈極まりないです。そんな事してたら自分が植物になってしまいます。

(ちなみに、実際のプレイ時間で10分間なので、電源を落として10分間放置しても何の意味もありません。つまり、DS本体の時間設定を10分間進めてサクサク進める、という定番のアレは使えません。突込みが入るかと思ったので念のため。)

通常プレイでは、冒険の合間に闘技場に訪れて、モンスターを修行に出してる間に本編を進める…という手順になると思いますが、私は本編は5回もプレイしたのでこれ以上やることがありません。もはやアイテム回収のために、この盛大に退屈なサイクルを繰り返すのか…そう思った途端に、興が冷めてしまいました。

せっかく本編とは独立したコンテンツで「闘技場」というのがスタートメニューから選べるんだから、モンスターの育成に関しても闘技場だけで成り立つような独立したシステムが欲しかったな。10分間放置とか、ゲームとしては一番つまらない方法だと思う。本編のおまけだと言い切るならそれでもいいけど、闘技場でしか回収できないアイテムが絡んでくるんだから、もう少しプレイヤーの操作次第でなんとかなる方法をとっても良かったのでは。例えば、本体時間が10分間進んだ場合に修行から帰ってくるとか、なんか専用の消費アイテムを使ったら即修行から帰ってくるとか。

ちなみにランク6で戦う場合、自分のモンスターのステータスが軒並み90台ならば、「プロテクトコート」を使い続ければ、まず負けることはありません。極論を言えば他のアイテムは一切必要ありません。こうなると闘技場のバトルが白熱するとかいう事は一切無くなります。

また余談ですが、本編の2週目以降は強敵が一切存在しません。まぁこの辺はSFC版から変わりありませんが、それが分かっててDS版出すんだから、Lv.90台のメンバーでも苦戦するような強敵とか欲しかったなーと思います。このソフトを買うのは、かつてクロノトリガーをプレイした熟練のプレイヤーが大多数を占めるでしょうし、DQ・FFのようにグラフィックに変更を加えてリメイクした訳でもない本作は、かつての記憶で初回からマルチシナリオも全てクリア出来てしまいます。熟練のプレイヤーが本当に楽しみにしているのは「その先」なんですが、今回の追加要素はそれほど満足できるものではありませんでした。特にラスボスが弱すぎです。おまけにエンディングがしょぼ過ぎて泣けてきます。果たして何のためにわざわざ買ったのかと。

ラスボス…もはやネタバレしまくってるので隠しませんが、「夢喰い」の歯ごたえの無さにはしょんぼりです。てきとーにシャイニングとマシンガンパンチを撃ってれば、いつのまにか倒せています。本編の「ラヴォス→ラヴォスコア」の連戦よりも数段キツイのを想像していたんですが、むしろ同じ程度だと思いました。それよりは、Lv.99のスペッキオの方が数段強いと思います。望んでいた理想のボスは、Lv.99のスペッキオが3体連続で掛かって来るような奴です。

という訳で、発売からほぼ2週間が経過した「クロノトリガーDS」ですが、果たして何十時間プレイしたのか知りません。(5週目だけ見ると16時間40分ほどですが)。以下に総合的に振り返ってみます。

・本編はSFC版と大して変わってない(当然)
・「次元のゆがみ」はまぁまぁ楽しめた
・「竜の聖域」はあまり面白くない
・「闘技場」は萎える
・「夢喰い」はショボかった

とりあえずこんな感じ。思いっきり飽きたので、貸して欲しい人が入れば貸します。条件は、私と面識のある人でどうぞ。

最近の事とクロノトリガーDS

本日、自宅から徒歩一分の会場でTOEIC受けてきました。人生初TOEICです。が、いかんせん勉強する時間など全く無いのに加え、会社から「必ず受けろ」と言われて渋々受けた訳で、モチベーションが素晴らしく低いです。試験中は終始眠かったです。燦々たる結果が返ってくる事が容易に想像できます。まぁ、今後試験を受けた時、今回の点数より低くなることは無いだろう、と思えばそれもまた良しです。

最近はDSのゲームをずーっとやっている訳なんですが。

・『マリオカートDS』は全てのカップで☆☆☆達成
・『星のカービィUSDX』は「真・格闘王」がクリアできずに放置
・『ケツイDS』はDEATH LABELが相変わらずクリア出来ない
 →DOOMには何回か(残機9とかで)到達しているので時間の問題、に前進
・『クロノトリガーDS』は隠し要素もクリアして現在5週目(Lv.86)

クロノトリガーは私の思い出のゲームです。ちょっと思い出話でも書いてみます。

続きを読む »

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。