やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の荒川

社会人になって嬉しいことの一つは、ちゃんとカレンダー通りに休めることです。学生時代は休日にバイトしてたので実質週休0日生活が何年も続いていましたし、研究生活最後の1年は常に論文のプレッシャーに怯えながらの生活でした。土日も気が気じゃなかったし、去年のGWは全部サーバの復旧に費やされました。そんな生活もきれいサッパリ終了し、休日にキッチリ休めるのは実に嬉しい事です。という訳で本日は荒川CRに行ってきました。

走行距離58kmで、走行時間は2時間30分。前回は往路で腰が痛くなり、復路は休み休みのバテバテでした。今回は最初のペースを抑えてゆっくり走り、LSDを少し意識してみました。その結果、往路での腰の痛みは大分解消し、復路も休憩を取る事無く走りきることが出来ました。要するに今までは、ペースなど考えずに猪突猛進していただけだった、と。大してトレーニングしてないのに痛くないのは、そりゃ無駄な力を使っていないという事です。

荒川CRは本気の自転車乗りが結構集まる場所で、時速24km前後で流している私をバビュンと追い越していく人達が山ほど居ます。こいつらの自転車にはエンジンでも付いてんじゃないかと思うほど速く、あっという間に視界から消えていきます。しかし、彼らの自転車にはタネもシカケも無く、単純に乗り手の運動能力が高いから速いんですな。うーむ、憧れる。

本日は社会人になってから、初のサイクリングでした。これから休日は、少しでも自転車に乗っていられるといいなぁ、と思います。いずれは3本ローラーの室内トレーニングも行いたいと。平日の仕事帰りに、毎日1時間の3本ローラーでLSDをやりたいと。これの実現にはあと1年ほどかかりそうな気がしますが、いずれ必ず。
スポンサーサイト

初任給で感謝の意



本日は初任給後の初土日、という訳で、ここまで私を育ててくれた両親に感謝の意を示してきました。以前から「初任給で両親に飯を奢ろう」と考えていたので、雑誌やパンフレットを睨みながら親と相談し、千代田区丸の内にあるイタリアンレストラン、サバティーニ・ディ・フィレンツェのランチを食べてきました。

普段の私のランチは、会社の食堂で\400くらいのご飯を食ってるんですが、今回は3人前で\20,000超えたぜ。まぁ予定では\30,000越えも覚悟してたんで別にいいんですが。昼間からワインを浴びるように飲んで肉を食って、いやはや満悦至極です。

写真の肉料理、これがもう絶品でした。セコンド・ピアットになる頃には酒も大分進んでいてテンション高かったんですが、この肉を食った瞬間にほぼイキかけました。超うまかった。

これで我が両親に、ささやかながら恩返しする事が出来ました。まだまだ見習いですが、ワタクシmssi、これからも社会人として頑張らせて頂きます。

応用落ちたorz

応用情報落ちました。自己採点で、午前70点、午後58点。
午後が…あと2点足りない…

4月最初の時点では、「どーせ受からないだろうから、テキトーに受けよう」とか思っててやる気ゼロでした。これが本試験の2週間前に受けた模試で盛り上がってしまい、あわよくば受かるかも…とか思い上がっていましたが、現実はそんなに甘くないです。というか勉強時間1週間で受かるかよ。ふんだ!

あーくやしい。何気に悔しい自分が居る。午後58点というのも実はかなり甘く付けた点数で、実際にこれを上回ることは無いでしょう。あーくやしい。なんでこんなに悔しいんだちくしょう。

応用逝ってきました

応用情報技術者試験を受けてきました。現在は解答速報が出ており、応用情報技術者は午前のみ出回っています。

んで答え合わせをしてみたところ、正解数は56/80=70%でした。合格ラインは60%らしいので、午前はなんとか通った計算になります。あーよかった。勉強時間1週間でもなんとかなるもんやで。ちなみに午後は解答速報が来週の火曜日に出されます。まぁこちらは答え合わせするつもりはないですが…怖くて見れないわ(ぉ

これまで勉強漬け(1週間だけ)だったので、よくがんばった自分へのご褒美にサングラス買って来ました。



OAKLEY RADERです。もちろん自転車用。フレームカラーはクリスタルブラック、レンズカラーはG20 Black Iridium。今まで使ってたグラサンはシマノの\2,000の安物で、不満点だらけだったので捨てました。あとついでに新しいヘルメットと長袖UVカットジャージをネット通販でぽちっと。

ともかく、これで買い貯めていた本を心置きなく読めます。同期のみんなとようやく酒が飲めるぜ。

上司の雑談のかわしかたは「さしすせそ」が基本

上司の雑談のかわしかたは「さしすせそ」が基本

うおぉぉお、これは凄く参考になる。ありがたいわー。
でも「まみむめも」がちっとも分からないんだぜ。

情報処理試験が迫ってきましたよ

応用情報試験が目前に迫ってきた。非常にありがたい事に、この1週間は会社の研修でひたすら応用情報技術者の講義を受けさせてもらっていた。TACから専任講師が来て、4日間という短期間だったが、各分野の重要な問題を解いて解きまくった。正直な話、独学じゃ分からない部分も多かったので、この講義は非常にありがたいと思った。

普通の人は自分でお金を払って勉強しているのに、私は会社からお金を貰って勉強している。これはかなり贅沢な事だと思う。このまま勉強だけしてお金を貰う生活を、一生続けてもいいかもしれない(そんな事言ったら会社から追い出されるけども)。

この4日間で解きまくった問題集や、模擬テスト、実力テストの結果を総合して、自分の苦手分野がハッキリしてきた。ずばり、データベースとシステム開発だ。他はなぜか75%以上をキープ出来ているので、完全に油断している。DBとシス開が出来ないのは自分にとって当たり前の話で、全く知らない未踏の分野なのだから仕方が無い。一方で科学基礎やコンピュータは普段から情報収集してるので特に勉強しなくても解けるし、応用で初出の分野であるマネジメントやストラテジは教科書を一通り読んだのでインプットはほぼ終わっている感じ。情報セキュリティやネットワークは研究室でサーバを作っていた時代に散々やったので耳にタコだ。

残された時間はあと1日。苦手分野であるDBとシス開を全力で追い込みたいと思う。とりあえず教科書を読むことから始めようか… まぁつまり、この分野はまだ教科書を開く事すらしていませんでした。そりゃぁ間違う訳だ。だって知らないんだもん(ぉ

俺、応用の試験が終わったら、新品のウェアを着て、荒川のサイクリングロードを全力で走るんだ…

と、死亡フラグを立てたところでアデュ。

【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】

数年前に話題になった記事の保管。元ネタは恐らく2ちゃんねるのプログラマー板で、これを[笑わないプログラマ](既にリンク切れ)が取り上げて広まった。開発現場の壮絶なるデスマーチを綴ったこの文章を、私は大学生だった当時に読んで、大いに衝撃を受けた。そこで私は「このままでは日本のIT業界は駄目になる。プログラマの職場環境を改善して、デスマーチを無くさなくてはいけない!」とか思い立って、逆にIT業界を志してしまうというアホな事をやったりした。これから不安で一杯である(ぉ

研修の課題で「10年後の目標像」を語れと言われたので、当時の気持ちを思い出すべく上記の記事を探していたのだが、残念なことにblog[笑わないプログラマ]は死亡してしまったようだ。Googleのキャッシュしか残っていなかったので、ついでにウチで記事を保管したいと思う。

出典:
 プログラマー板@2ちゃんねる掲示板
 笑わないプログラマ

続きを読む »

サラリーマンになりますた

無事、社会人生活がスタートしました。世の中では仰天するような出来事があったりしましたが、私の会社はなんとか大丈夫なようです。それでも来年度からは新卒採用の人数が減るらしいですが…世の中どこも不景気ですねぇ。

入社式でまず最初に行ったのが、役員へのお辞儀の練習だったりして、サクッと社会人の洗礼を受けたような気がした4月1日でしたが、まだまだ始まったばかりで右も左も全く分かりません。親鴨についていく子鴨のような存在です。

先日4月3日は、応用情報技術者試験の模擬テストを受ける為に、丸1日水道橋に行ってました。基本情報を既に持ってる人数が少ないのが意外でしたが、なんかみんな応用の勉強はほとんどしてない感じ。かく言う私もご他聞に漏れず勉強時間0で、クラスで最下位になる気マンマンでしたが、模擬テストを受けてみたところ、午前は5割3分、午後は6割6分取れていてかなり驚きです。

そこで私の眠っていた意識が目を覚ましました。「これは、あと少し勉強すれば、応用取れるんじゃないか?」と。これは恐らく応用の模擬テストを受けていたみんなが思ったはずで、実際に勉強時間0の私ですら5割とか6割取れてるんですから、ちゃんと勉強してたやつ(極めて少なかったですがw)は、とうに合格ラインを超えているはずです。教材のダンボール箱を開けてすらいないと豪語していたやつも6割取れたらしいです。

これについては色んな事が考えられます。まず1つに、応用情報の出題範囲が基本情報とほぼ被っていて、基本をちゃんとやってれば応用はある程度解けるようになっている事。

2つ目に、先日の模擬テストはやや難易度が低かった事。知らない単語はちらほら出てきましたが、「こんな問題難しすぎて解けねーYO!」という出題は皆無でした。落ち着いて問題を読めば、基本の知識で解けてしまうものばかり。

3つ目に考えられるのは、既に基本情報を持ってるレベルの人は常日頃からIT関連の情報に触れており、特に教科書を読まずともIT知識が身についている人が多く、試験対策の勉強をせずとも問題を解ける人ばかりだったということです。ようするに私みたいな連中が集まっていた、と。これに関してはなんら不思議ではありません。応用組は理系ばかりで院卒も多かったですし。私の隣のやつも理系の院卒でした。

話が長くなりましたが、ようするに応用情報技術者がもう少しで手の届く範囲にある事が分かってしまったので、私の意識が変わりました。本来なら土日は荒川でヒィヒィ言ってる予定でしたが、そんな事してる場合じゃありません。今月19日に試験があるので、これから急ピッチで勉強します。今のうちに取っておけば絶対に後々楽になるはずですので。

勉強の仕方も最初からじっくりというスタイルではなく、とにかく応用で初めて出てくる分野を中心に攻めるつもりです。手っ取り早く点数を伸ばすには、現在5割とれてる部分を10割に延ばすのではなく、現在0割の部分を5割に延ばす方がはるかに効率的です。これなら残り2週間でなんとか間に合いそうです。というかテキストの最初からじっくりやってたら絶対に間に合わないわ。

応用取れそうだと分かって俄然燃えてきた。やるぜ。

スーツケース買った



月曜から新入社員研修で3日間ほど多摩に飛ばされるので、スーツケース買ってきました。有り難いことに家にヨーカドーの商品券があったので、近所のヨーカドーで適当に見繕ったものを購入です。



大きさをウチのPCと比較するとこんな感じ。スーツケースにしては小さい部類です。イタリア旅行行ったときのスーツケースは腰の高さまであるものだったんですが、それではいかんせん大きすぎるし、実際イタリア行ったときもスペースが大分余っていました。こんなもんで十分だろーと思って小さめにしました。

面白いのがTSAロックの方式で、ジッパーのつまみ2本をロックで閉じる方式になっています。こういうのあるんだなー。

買ってから気付いたんですが、多摩の研修はスーツケース必要無いかも知れません。みんな持ってこなかったらどうしよう(ぉ

投資する前に読むべし

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理



この本のサブタイトル『株式投資の不滅の真理』は別に誇張した表現ではない。本書に記載されているのはまさに不滅の真理そのものであり、「株とかちょっと興味あるなー」とか「金融の本って色々あるけど、結局どれがいいんだYO!」という人には是非ともオススメだ。

また、「株でさくっと大もうけしちゃる」とか思ってる諸氏は、全財産を失う前に、一度本書を読んでボコボコにされると良い。株式投資を行うのは、それからでも遅くは無いのだ。

手っ取り早く自分の資産運用についてアドバイスが欲しければ、第4部から読み始めると良いだろう。投資家の年齢・年収に合わせた具体的な投資手法が、詳しく解説されている。

第1部では過去の株式市場で発生したバブルおよび会計操作の歴史が詳細に語られている。またこの章は単純な読み物としても面白い。

第2部および第3部は、株価評価手法や投資手法の解説であるが、これがかなり分かりやすくて面白い。おまけに視野が広くて、現在の金融理論および投資理論についてざっくり俯瞰する事が出来る。

多少なりとも数理ファイナンスについてかじった人なら、第3部10章の行動ファイナンス理論は特にエキサイティングな内容である。私はどちらかというと効率的市場理論派の人間であるが、正直なところ、「大学院に行く前に読んでおけば良かった」と思った。

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。