やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の皮算用

かねてから、「次に買う自転車はコレだ!」と決めていたANCHORシリーズ。コレまでの自転車も、スチール、アルミと来たので、次こそフルカーボンの自転車が欲しいというもの。

結構前からどのモデルにしようかとあれこれ悩んでいました。最大の悩みどころはRFX8にするか、RHM9にするか。RFX8は下位グレードのカーボンバイクで、シマノのUltegraが標準になっています。RHM9はANCHORのフラッグシップモデルで、シマノのDura-Ace 7900が装備されている事からも、その本気度が窺えます。

お値段。RFX8 Eliteが\360,000、RHM9 Proが\665,000

倍違う。これはもう思考するまでもない。RHM9は買えない。選択肢は1つに絞られた…と思っていた時期もありました。

乗りこなせるだけの脚力は無いだろうけども、やはりフラッグシップのRHM9は欲しい。でもDura-Ace 7900は流石にいらなくて、Ultegra 7600程度で十分だと思っている。正直、周りのパーツは交換が利くので、フレームだけでも高性能なものが欲しいと。となればRHM9をフレーム買いしてしまえば良いのですが、RHM9のペイントは正直どうかと思うので、なし崩し的にRFX8でいいやーと考えていた。

で、本日。恐らくロードバイクのネット通販では日本一安いであろうアスキーサイクルで値段シミュレーションしていたら、RHM9にもカスタムペイント出来ることを発見。うっかりスチールフレームにしかペイント出来ないと思い込んでいました。こりゃいい!カラーは「モノトーンカーボンブラック」一択。これで問題は全て解決しました。

んで件のアスキーサイクルで、RHM9フレームにUltegra7600を組み付けて、残り必要なパーツをポチポチ選んでいったら\400,000以下で組める事が判明。Good!アスキーサイクル愛してる。こりゃ決まりですな。

「海外のメーカーにしないのか?」と思われるかも知れませんが、海外メーカーは値段がべらぼうに高く、ぼったくられ感が凄まじくて食指が働きません。TIMEのフレーム、RXR ULTEAM(ツールで新城が乗っていた)なんてフレーム価格\699,000します。関税、代理店の中間マージンが発生してこの値段になるのでしょう。私は湯水のように金を使える身分ではないので、値段は重要なパラメータです。投資に対して最大の効果を得たいと考えます。

あとは、私がこの自転車を買えるだけのお金を貯めること、それまでにアスキーサイクルが潰れない事、この2つが絶対条件です。早ければ来年当たりに買うかも。まー頑張りましょうか。
スポンサーサイト

はじめてのロードバイク



8月の後半から昨日にかけての間は何かに没頭していたようで、あまり記憶がありません。多分漫画読んだり、ゲームして過ごしていたんじゃないかと思います。とにかく毎日睡眠不足でボロボロでした。

で、その睡眠不足の原因の一端を担っているのが写真の自転車なんですが。

これは会社の先輩からゆずって戴いたものです。9年前のGTのアルミロードとのこと。これを千葉で受け取って、東京の自宅まで乗って帰ってきましたが、今冷静に考えると、よくぞ無事に帰ってきたな、と思います。この自転車、受け取った時点ではいろんなところが間違っていました。どうやら先輩の息子さんは、自転車のメンテナンスには興味が無かったらしいですな。

という訳で、昨日の深夜までこの自転車の整備を行っていました。主に変更した点は以下の通り。

・スレッドステムだったのをアダプターをかませてアヘッド式にした。
・ステムを60mmの短いものに。
・ハンドルは日東の380mm。
・ブレーキを105に替えた。
・サドルを selle SanMarco の Concor Light にした。
・ボトルケージを ELITE のものに変更した。

目立つ部分ではこんな感じでしょうか。他に細かい点は沢山あるんですけども。

先ずこの自転車、サイズが大きすぎて自分の体に全く合ってませんでした。ハンドルまで明らかに遠すぎるので、千葉から帰ってくるときは、サドルを目一杯前に出していました。ハンドルを近づけようにも、スレッド式だったために、そのあたりの調整が出来なかったのです。という訳で、ステムアダプターを買ってきて、アヘッドステムを取り付けて解決しました。

加えて致命的だったのがブレーキ。ブレーキを見ればその人がどれだけ整備に気を使っているのか大体分かりますが、これは本当にひどかったです。まずシューがリムに半分くらいしか当たっていなくて、しかも角度がおかしいのでレバーを握ったときに「ギギィーー」と盛大に音が鳴り捲ります。流石にブレーキは命に関わるパーツなので、真っ先に交換しました。トーイン調整できるブレーキ以外選択肢に入りません。

んでこの自転車のカラーをどうしようかと考えたところ、「じゃぁ今流行の白いっとく?やっちゃうか!」と勝手に思って白パーツを盛り込みました。白い部分は大体自分で買った奴です。それでもまだ古臭さは抜け切れてないんですけどね。

本当はペダルを交換しようと思ったんですが、このペダル、ネジがサビてるのか強く締めすぎたのか、ビクとも動かないので、後ほどクランクごと交換してしまおうと考えています。フロントトリプルとか使わないしなぁ…

ホイールに関しても、最新のチューブレスホイールを試してみたいと考えています。そうするとCSも交換で、RDも交換、となるとSTIも交換して…という訳で、再び『フレームを残して全とっかえ』になりそうです。本当に乗るより弄る方が好きなんだからしょうがないですな(ぉ

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。