やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の漫画メモ

というわけで、今週と先週に読んだ漫画リスト。2週間分だから多いなー。掘り出し物が多かったと思う。こういう出会いがあるから、本屋で漫画を買うのはやめられないのよね。Amazonだと「適当に物色して作品を選ぶ」という行為ができない。本屋は無くならないで欲しいなと思う次第。


・ヨコハマ買出し紀行 4~5巻
アルファさん家がぶっ壊れてから、ストーリーが大きく動き出した。
箱庭を抜け出す感じですごくワクワクする。
先が楽しみすぎるので、早く続きを読みたい。

・セックスなんか興味ない 1巻
きづきあきら+サトウナンキ。このペア大好き。
なんというか、悲惨な恋愛だ。
浦沢直樹じゃないけど、登場人物の誰もがそっぽを向いてる。
でもセックスがあるから繋がっている。そんな感じ。

・天上天下 21巻
いよいよ人間離れしてまいりました。
でも面白いんだよね。漫画力すげー。

・黄昏乙女×アムネジア 1~2巻
黒髪セーラー服黒ストッキングでムチムチ。以上。

・ダイブ イン ザ ヴァンパイアバンド 1巻
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンドのスピンオフ。
ストーリーは本編とめっちゃ絡んでる感じ。
「本編でやればいいのに…」と正直思った。

・GIANT KILLING 13巻
相変わらずの面白さ。安定してる。

・へうげもの 10巻
リアクションが面白くて毎回読んでる。
雑誌に載ってる「アオリ」がコミックで消えてしまうのが残念。
すげーセンスあるのにな。

・ひだまりスケッチ 1~4巻
アニメをほぼ見逃したので原作で補完。
いいね。癒されるね。しかも時々ギャグのレベルが高いね。

・カルボナードクラウン 1巻
百合姫で「初恋姉妹」書いてた人の作品。
ふわふわキラキラしてて、それだけ。
なんというか、物語の中で大したことが起こってないんだよな。
多分続きは買わないかな。残念。

・百姓貴族 1巻
wikiで知ったけど荒川さん女性なんだね。びっくりだよ。

・コンビニDMZ 1~3巻
イイ作品を発掘した。LOVE。
スポンサーサイト

いらっしゃいませ、野郎ども!

コンビニDMZ



紛争地帯のど真ん中にあるコンビニ、それがコンビニDMZだ。この設定とネーミングセンスだけで勝ってる気がする(何にだ

連邦軍、反乱軍、民兵に国連までが入り乱れる泥沼地帯において、店舗敷地内は非武装地帯(DMZ)で中立を保証されているコンビニエンスストアが舞台である。戦争ものだと好き嫌いが分かれる所だが、ミリタリーがあまり好きではない私でも、本書はすごく楽しめた。

本書の面白さは、銃弾が飛び交う危険地帯においてコンビニだけが安全であるという設定がすでに美味しいのと、商魂たくましく新製品を次々投入する店長、加えてコンビニDMZをこよなく愛する軍人さんたちの生き様にある。

作戦会議中にうまい棒を食いまくる大佐、おでんを拷問に使う大尉、熱々の宅配弁当で最後の晩餐を行う部隊、戦場でオレオレ詐欺を行う傭兵などなど。もし実際に戦場にコンビニがあったら、こんなドラマもあるのかなぁ…と思わせる演出と画力も素晴らしい。

「こりゃイイ作品と出会ったな」と思った。もっと続きが読みたいので、連載が続いてくれる事を祈るばかりだ。

ビールと仕事とITスキル



証券外務員試験が終わった!なんと喜ばしいことか。せっかくの土日を潰してやりたくない勉強をする、という苦行から開放される気分は格別だ。試験の結果は芳しくないだろうが、ビールの味は格別だった(試験前日に呑んだけど

今年は試験を沢山受ける年になりそうだ。まずJavaアソシエイツ、DBスペシャリスト、Javaプログラマ、んで最後にNWスペシャリストを受ける予定。不思議とコンピュータ系の勉強は苦にならない。コンピュータ系の勉強は、つまるところ「道具の使い方」を理解出来てしまえばイイわけで、試験勉強はつまるところ説明書を読んでいるだけだ。

しかもコンピュータの良いところは、ある程度は自分で実験出来るところにある。そして、そういう実験を出来るおもちゃは、ネット上に無料でいくらでも転がっている。そしていざとなれば、自分でおもちゃを作る事も出来るのだ。私はまだ人様に公開出来るようなモノを作った試しはないが、コンピュータは最高に面白い道具だと思っている。そして技術を学ぶ度に、「こんな事も出来るのか!」と感動を覚える。このあたりが証券外務員試験より数百倍楽しい理由だ。

なんというか、自分は本当にこういう業界に向いているんだなーと思った。そして証券を売るような仕事は向いていないだろうし、弁護士なんかも向いていないんだろうなと思う。最近は景気の悪い話ばかり耳にするので、自分が今の仕事を辞める時の事を考える。自転車屋で働くか、コーヒーショップで働くか、アキバのPCショップで働くか、本屋で働くのが向いているんじゃないだろうかとなんとなーく考えている。杞憂に終わると嬉しいんだけど。

まぁ、当面はITの基礎スキルを身につける必要がありそうだ。昨年末から今月にかけて、かなりの数のコンピュータ書籍を買ったが、これらの殆どを読んで身につけないと仕事になりそうにない。精進あるのみだ。

十勝の食料自給率は1000%だそうです

百姓貴族



ハガレンで超売れっ子の漫画家、荒川弘のエッセイ漫画だ。テーマはなんと『農業』。初めて書店で見かけた時は目を疑ったが、本人の自画像が牛だったりしたのを思い出して、妙に納得してしまった。おまけにこの手のエッセイ漫画はハズレを引いたことが無い。表紙からして「当たり臭」がプンプンしている。即買いした。

荒川さんは北海道の畜産農家出身で、地元の農業高校を卒業しているバリバリのプロ農民だ。そんな荒川さんの農業体験を、担当編集のイシイさんに紹介する形式で話が進められていく。北海道の野生動物の話、野菜泥棒の話、農業高校の話などに加え、筆者の実家である荒川農業の話も頻繁に登場する。これが面白かった。

私の中では、2010年一発目の面白い漫画だ。

Firefox 3.6

Firefox 3.6 リリース

Firefoxの更新がリリースされていますね。今回の更新で分かりやすいのは、見た目をカスタマイズするペルソナ機能が搭載されたこと。サムネイルにマウスをオーバーするだけで外観が変わりまくります。すげー!

来週試験なんですが

証券外務員の試験に申し込んでしまったので勉強しているけど、これが全く面白くなくて辟易している。

仕事に使えそうな知識は無いし、覚えたから何かが解決する訳ではないし、覚える事はと言えば専門用語とルールだけ。会社で奨励されていたとはいえ、なんで受けようと思ったんだろうな自分。

試験自体は◯×なので、頻出問題だけ覚えればもういいか(それでも受かる見込みは無いけども)。何せ勉強している内容に全く興味が湧かないので、全く頭に入ってこない。明らかに自分の苦手分野だな、と悟った。今まで理系畑にいたから気付かなかったんだなぁ…

一方のJavaアソシエイツの勉強はほぼ終了しました。インプットは終わったので、練習問題を解くのみ。こっちはスイスイ覚えられた。なんだろうこの差は。

ちなみに受けるのは外務員二種です。一種は受けないだろうと思います。面白くないので。

今週の漫画メモ

社会人になって、自分の生活ペースというか、漫画を買って読むペースが作れてきた。大体、土曜日に新刊をまとめ買いして、1週間かけて少しずつ読み、また翌週の土曜日に買いに行く…という感じだ。

社会人になって、当然のように購入量は圧倒的に増えた。今まで「少し気になるな」と思っていた漫画に手を出せるようになった。その中から良い出会いや発見があったりするといいなーと思いつつ手を出し、その中からお気に入りの作品が見つかるとたまらなく嬉しい。去年はそれでいくつもの作品と巡り合えた感じだ。

しかし、昨年の面白かった漫画リストとか書いてる時に思ったのだが、1年のうちに読んだ作品を詳しく思い出すことができない。元来から記憶するのが苦手な性分だが、漫画の場合は確実に「読みすぎたので情報が整理できてない」感じだ。

これではアカンと思ったので、週に1回、読んだ漫画の一言感想でも記して行こうと思う。自分の備忘録として、作品を呼んだことを忘れないために。大体日曜の夜にでも書けばイイんじゃないかな。

というワケで今年1回目の漫画感想。すでに今月入ってから読んだ漫画を忘れかけているのだが、頑張って思い出して書く。

・新装版 ヨコハマ買い出し紀行 1~3巻
かなり昔の作品の新装版なのね。まったり不思議な雰囲気がARIAなんかに通じるものがあるなーと思う。割と好き。

・ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 1~8巻
絵がなんとなく吉冨さんに似てるなーと思うが多分気のせい。ストーリー構成もよく作ってあるし、良いエロスを持っていると思う。結構気に入った。

・ULTIMO 1~2巻
武井先生帰ってきたよ!この人はリズムが独特で面白いなー。ストーリー展開も予想を裏切ってくれるし、絵は抜群に上手い。かなりお気に入り。

・めだかボックス 1~2巻
ジャンプの連載を全く読んでなかったんだけど、コミックスで読んだらスゲー面白い。作画は、以前プリティフェイス書いてた人かな。これからはジャンプの連載も読んでみようか。

・あしめし 1~2巻
web漫画が出版された系のやつ。アシスタントの事はほぼ知らないので、「へーへー」と思いながら読んでる。2巻最後の修羅場が面白かった。

・血界戦線 1巻
内藤先生が帰ってきたよ!相変わらずな感じだけど、この人の良さがすげー出てる。サイバーパンクな雰囲気とかノリツッコミとか。主人公がひ弱だったのが、1巻の最後でちょいと覚醒してるのがいいね。あとトライガン新装版とかまた作りなおすらしいので買おうと思う。しかし何度目だよ新装版。そういえば映画まだかな。

・バガボンド 32巻
そろそろ小次郎との勝負になるのか。伊藤一刀斎との勝負が中心の巻だけど、オーラみたいなもの(我執の表現なのかな)でウニョウニョしてるのは個人的にあまり好きではない。宝蔵院胤舜と戦ってたときとか、柳生城に乗り込んでたあたりが緊迫感があって一番ワクワクした…けどやはり、面白いから買っちゃうんだよね。

・季刊 GELATIN 2010 winter
ゼラチンは全部買ってるけど、今回は表紙を書いてる岸田メルさんに一目惚れ。ホンマにこの人の絵は美麗やで…あと今回からはぼっしぃさん居なくなっちゃったんだな。ちと残念。フルカラーの漫画で実験的なモノが多い。最先端の表現とか雰囲気を楽しむ感じ。

今月かったのはこれで全部かなぁ…かなり自信ない。他にも読んだ漫画があと10冊以上あるっぽいけど、特に印象に残ってないのでおしまい。

2009年面白かった漫画リスト(今更

2009年に読んで「面白かった!」と思う漫画をリストアップしようと思います。
2009年に「発売した」漫画ではなく、2009年に「私が読んだ」漫画のリストです。
やや古くても気にしない。

続きを読む »

エネルギー切れてきた

あけましておめでとうございます。
なんか間が空いてしまいましたが、年末から最近までの顛末でも。

・「うみねこのなく頃に」にハマる
・ケータイが壊れて全データ消える
・酒で胃を悪くして連休中引き篭る

こんな感じでした。なんだか疲れたわ。

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。