やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋空』のAmazonカスタマーレビューが面白過ぎる件

『恋空』amazonカスタマーレビューが面白過ぎる
“素人”の書いた「ケータイ小説」がベスト3独占、出版界に大きな衝撃

こんだけ話題になっちゃうと『恋空』なんて読みたくも無いんですが、Amazonのカスタマーレビューは面白過ぎるので読む価値があると思います。レビュアー達のユーモアは原作よりもずっと優れているんじゃないかな。原作読んでないけども。

狼と香辛料III』読み終わりました。ホロ可愛いよホロ。

(追記)
切ナイ恋物語恋空前
切ナイ恋物語恋空後
タダで読めるサイト見っけた。レビューばかり見ていたら変に洗脳される可能性があるので、とりあえず原作読んで見ましょうかね。

(さらに追記)
200頁まで読んだ。もうだめ。ギブ。つまらないテキストを淡々と読むのって拷問に等しいと思った。多くのレビューで、『読破できずに挫折した』という意見がありましたが、納得です。つか全部読める奴すげぇよ…どんだけ忍耐力あるんだよ…

続きに面白かったレビューを抜粋。
200件くらい読んだら疲れた('A`)
 
ついこの前のことです。大学のパーな女友達からこの作品を借り帰宅する途中、公園の近くで猛烈な腹痛に襲われました。
すぐに運よくあった公衆トイレに駆け込み用をたして横を見ると……何とトイレットペーパーがないではないか!なんてこったい、その日はノートを友達に貸してて紙がない!
どうしよう…このままではミソパンになってしまうと絶望しつつ鞄の中をふと見ると…あった!
地獄に仏とはまさにこのこと。数P読んで価値を判断した後、僕は迷わず頁を破り捨て尻を拭きました。こうして僕は難を逃れたわけで、お腹もスッキリして幸せな気分になれました。
勿論弁償はしたよ。

これはすごくいい本です。
火をつけると、とてもよく燃えます。
この本が一冊あれば、おいしい焼き芋を焼く事ができます
ただ燃やすと煙が出ますので思わず涙が出てしまいました。
本当に泣けるいい本だと思います。
ですから評価は五つです。
クソワロタ。原作より文章力ありそうなレビュー。

本を読まない人でも読めました。と見ます。
当たり前です。
小説を読まない筆者が書いた作品が小説を読まない人の目に触れるのですから。
感想です。
ひどいです。
忍空だとかスイーツとかいう気はないが
バカによるバカのための小説という事は伝えておきます。

日本語の美しさも、その美しさを使った独特の表現全て踏みにじり、
日本文学、そして日本文化を侮辱している。
作者は二度と、世に作品を輩出すべきではない。

全ての文人に対して失礼だ。

この作品ふざけないでください。
実話ではないと思います。

書籍では外されてるらしいですが、携帯では野外でセックスなど矛盾点などがいっぱいです。
無菌室でありえない行動を取りすぎです。

それに人の命を軽視しすぎてますし、文がぐだぐだして読む気をなくします。

中絶やレイプ、癌など書いて、すぐに立ち直っていますが実際そんな甘くないでしょう。
癌でお亡くなりになった方やその遺族、親族の方々や中絶や
レイプで精神的に傷ついた方が見てどう思うでしょうか。

「あ~!!超お腹減ったしっ♪♪」
かつてない衝撃を受けました。これは小説第一章の一言目です。
著者は作家ではなく素人だそうですが、小学生ですらもっとマトモな文章を書けると思います。
こんな下劣な言葉の羅列が、何の感動を呼び、映画化までされたのか理解し兼ねます。
それ程今日の若者には脳足り・・・涙腺の弱い人が多いのでしょうか?
憤りを感じます、と何人かの恋空ファンの人々が仰っていますが
私はその何百倍、いや何千倍以上もの憤りをこの作品に感じました。
こき下ろすレビューも沢山あります。

みんな批判していたのでどんなものかと読んでみました。
なんか全然わからない日本語が出てとてもよみずらかったです。
みることはみれるのですがこうも言葉遣いが悪いとストレスがたまります。
けいけん談が原作と言われてますがすべてがすべてではないでしょう
!結局は話題だけがさきばしっちゃったのかなぁと思います。

ちゃんと読めば批判する内容ではないのかなぁと思いましたが
あきらかに日本語の使い方が間違っています。
きちんとした日本語が覚えられません。 危ないです。
はりきってよむと後々落胆しますよ
俺はそう思います。
のちのちの国語能力に影響が出るような気がしますので
よむさいにはこれはこういうものなのだとあらかじめ考えて
めくじらをたてずに読みましょう。

よく考えて読み込みましたが、やはり
むずかしい気がします。
とらうまになりそうです。
間の間隔も問題ありです。さっき言ってることと
違う事も出てきますのでとても混乱もしました。
って、批判ばかりになってしまいますので、よかった点をあげると
たのしんで読めることは読めます ただし、いろんな意味で(笑)
日本の大賞がこれでいいのか・・・とも。
本を買って後悔はしていませんがこれはもう本ではなく
語録なんじゃないのかなあぁ? 買うのなら
覚悟を決めて買いましょう。
えろい表現もありますが特にえろいとは感じなかったなぁ
るいけいで140万部数を突破しているとのことですがこれだけ売れると
ぞっとします。

長い間ひきこもりがちだった俺に校
門をくぐらせるきっかけになった本です。この本
は、そんな先の見えない人生の不安に駆られている
俺と同じような悩みを持ってる人にぜひ!!読んでもらいたいです。こ
の本をよんだあと、きっとあなたの視界は今
よりずっと広く、いろいろなものが見えるようになっているはずです。いじ
めや勉強に負けないでください!!

朝起きたら、まず最初に読みたくなるほど素晴らしいです。たとえ時がたっても
倉庫に入れたり捨てたりはせずにずっと本棚、もしく
は机の上に置いて何時でも読めるようしておきたい!これが
俺の感想。良すぎて言い表せないのが悔しいっていう
のはこういう気持ちだって事を初めて知りました。はやく
嫁にも読ませたいです。勿論知り合いにも、親戚にも。
確実に皆涙を流して読むことでしょう。もちろん、それは
定かではありませんが、俺には分かります。それだけの事がこれには詰まってるから。

あまりにも否定的な意見が多いので借りて読んでみました。
あまりにも文章が稚拙で、読むのが疲れました。
この作品はノンフィクションとの事ですが、腑に落ちない点が多すぎです。
れいせいになって思い返すと、突込みどころが満載です。
がんばって最後まで読んだので、精神的には鍛えられました。
ゆうめいな作品が全て良いというわけではない典型的な例です。
とうとう来るところまで来た、という感想です。
りんり的に許されない行為までが美化されるのは教育によくありません。
かんどうしろというのは無理な注文です。

忍ぶ想いのつらさ・・・。
空の気持ちが伝わってきます。

空には自分の気持ちを投影させて読むことができました。
手を握り合ったシーンは涙なくして語れません。
裏切った振りをしてヒロは実は病気だったなんて切なすぎます・・・。真
剣に読むことができた本は久々でした。
ついつい読みふけってしまい気がついたら朝なんてことも。
えりまきとかげ
ええ小説やった、と自信を持っていえます。

オーストラリアに旅行にいった時に読んだんですけど、
シクシク泣いてしまいました・・・。本当に感動します。
ムシンケイなレビューを書いてる人が本当に許せません。
頑固に意見を曲げない方々もいると思いますが、同じコメントを
張るのはよくないと思います!迷惑ですよ!
れんこんの茎は絶対に折れないと言いますが、
ようするに、あなたがたは糖分が足りないのです。

スイーツ(笑)

てかさ、散々酷評してる人多いけどホントに読んで
るの?絶対よんでないよね・・・・・・・
よくもまぁそんなんでレビュー書いてるよね、有り得ないッッ!!
つまらないかどうかは読んで決めるべきッ!!
て、愚痴はこのくらいにして私の感想を述べたいと思います(笑)
いっっっっっっぱい泣きました!そりゃもう一生分(^^;)
うぅ、書いてる最中もまた涙がッッ!!!
なくな、私ッ!!
!←作中もそういえば多かったなコレ(笑)美嘉サンも好きなんです
か?このマーク(笑)それはさておきこの作品は
ぐ~たらに毎日を過ごしていたワタシに
やる気をおこさせた作品です。この作品の主人公に比べたら私なんか
ださすぎッ!!生きてて恥ずかしくなっちゃうッ!!!ワタシもこういうヤ
ばめな恋がしたいッ!めっちゃ痺れる憧れるぅ~~><
かなり多いと思いますよ、私みたいにこの本読んで人生変わるヒト。
やっぱり美嘉さんは天才だと思いますッ!!日本終わったとか
ろうばいしてる時代遅れの人たちはほっときましょう^^友達とかいなくて
うっくつしてんでしょ(笑)
!?            







スイーツ(笑)

全然友達とか恋愛のこととか知らないんだろうなぁ・・・なのに批判するとか超ァリェナイ。
自分が美嘉や他の登場人物と同じ立場だったら「忍空」とか「古紙」とか絶対言えないし!
動機が何であれ、生まれて初めて本気で好きになった人の精子が学校の図書館で自分の
卵子とくっついて子供がデキるのってウチらにとって最高のヨロコビだから。流産した後に
割り切って別のイケメンに抱かれるのも今の女子高生にとってはバイトみたいなモノだから☆
りある鬼ゴッコはウチも呼んだけど、あんなのとコレを比べないで。まだ恋空読んでない人は
機会があったら早めに読んでよね。等身大のウチらにビビってゼッタイこう言っちゃうから。

「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛!!!!」

最近、携帯小説はやってますが…私が思うことはただひとつ
低く見られすぎです。この本もそう。
ノートの落書き、みたいに言う人もいます。
小学生の文章?という人もいます。どこを読めばそう感じるのか
説明してほしいです。

読んでまず思ったのが、「共感できる」でした。
むずかしい言葉を並べてるだけの文学小説では共感できません。
だって、自分とは違う世界のように感じてしまうから・・・
けど、携帯小説は違いました。等身大のストーリーや言葉。
無理のない長さだし、この本は若い人から大人みんなが楽しめると思います。
駄作だと思ってる方、読んでください。 泣きますよ?
お見事な縦読みにございまする!

人間関係において、ある人の本質を見極めることは非常に難しいものです。
しかしながら、この本を利用することで、完全にとはいかなくても、
恋愛観やモラルの度合いを測ることが可能だと思われます。
皆様方はただ、「恋空ってどう思う?」と聞けばよいのです。
そして、ここで挙がっているような正当で穏やかな批判・抗議の声が
返ってくればその方の人間性は正常な範疇でありましょうし、
本気で感動したようであれば、狂った恋愛観と崩壊したモラルの
持ち主であることが判るでしょう。
相手に不快感を与えることなく、しかも容易にこのような判断が
できるのです。これを良書と言わずしてなんと言うのでしょう。
この本を毛嫌いしていらっしゃる方も多いようですが、私の意見が
少しでもそのような方々の意識を変えるきっかけになればと存じます。
その手があったか!

マスコミはこれをヒット作と喧伝しているのに、レビューは批判か言葉遊びばかり。
一体どういう話なのかと読んでみた。

読んでいて、非常に辛くなった。
文章がなっていない、小説の体をなしていないからという理由ではない。
インモラルでお涙頂戴の材料を羅列しただけで、読むに耐えなかったからという理由でもない。

ただ悲しかった。どんな寂しい人がこれを書いたのだろうか。
この作品に感動している多くの若い女の子たち、彼女らは、一体どんな家庭環境でどんな学校生活を送っているのだろうか。
人間関係が希薄で、愛情に飢えた子がヒロインに己を仮託し、作品の中でひとときの夢をみている。
孤独で自尊心を持ち得ない自分を己で慰撫している。
そんな精神風景が浮かんでならなかった。
心の貧しい、寒い子がそんなにいるのだろうか。痛ましくてならない。

読みました。

これが今話題の感動する小説か?
社会現象さえ起こした映画の原本か?
これが日本語か?

大学も出てこの作文力。親が泣きますね。

「♪」なんだこれは?意味が分からない。
小説に記号をつけるな。
楽しさを伝えたいなら文で表せ。

100%真実のラブストーリー?矛盾が多すぎませんか?
100%修正してあるラブストーリーの間違いですよね。




レイプ、流産、どうしてそんなに軽く扱うの?

本当に書くべき視点、作者は間違ってると思う。




もう1つ1つの話が薄すぎる。
情景一つ思い浮かばないし、展開も遅い。


こんなぐだぐだ、

上巻、下巻に別けられちゃ買う側にとってはもうたまんない。


こんな滅茶苦茶なものを書籍化?
小説家を目指しておられる方々に失礼です。



星1つとしましたが0です。

アマゾンのレビューの酷評で逆に興味を持ち、ネットで読みました
これはひどいですね。
もはや文章でない。
成人の書いた文章とは思えません。

文章や状況が大変分かりにくく、表現があまりにも稚拙。
作者は本を読んだことがあるのかどうかも疑わしい。
繰り返しますが、成人の書いた文章とは思えません。
ただ、本人よりも出版社に聞きたいですね。なぜ出版したのかと。
本人は個人サイトで書いていただけですしね。


これがかっこいい恋愛だと思い込んでいる小中学生がいたら
大声で違うと言いたい。
また、
命ってもっと大切なものですよ。
女ってもっとしっかりしてますよと。

それを知っている女性ならもっときちんとした話を書けるんでしょうね。
マイナス評価をつけられたらいいんですが…。

某作家が「若い頃興味もないのに『マッチ大好き』とか書いて切抜きを下敷きに入れてた」という話をしてました。事の是非はともかく、「若い」ってそういうことだと思うんです。そういうしょうのない面あります。正直ここまで来ると判断しかねますが、総合して考えると、「恋空認めないなんてダサい、ありえな-い」という世界があるのではないか。という結論に達します。または読んでないと仲間はずれぽくなる、とか?

一応念のため、すばらしい作品だとは思いませんし、「あなたたち以外の世代には到底受け入れられないクオリティですよ」と教えてあげるのも大事なことでしょう。

問題は教え方です。率直なこと言いますが、「マッチ大好きすら出来なかった、そんな青春を送ったような人たちがここぞとばかり責め立ててる」面はありませんか?これは「スイーツ」のお話ですか?「スイーツ」がどこに出る?当方の偏見であるならしかたありません。

自身の高校の頃、とにかく誰もが某ジャニーズグループ好きでその話ばかりで困りました。洋楽好きだったからですが、「興味ないから」とか「くだらん」と関わりを持たないのではなくて、適当に話を合わせつつ自身の趣味を勧める、ということを始めました。今でもやっています。

別にアイドルソングがくだらないと考えてるわけではありませんが(若い頃は多少思ってた)「読むべきものはほかにある」とお考えのうえ、いろいろ述べておられますか?じゃあ他に何をと問われて、それが「目が顔の半分以上あるピンクや青の髪の毛の従順な少女のアニメ」であるなんて目を覆うばかりです。これも偏見ではありません。殆どのレビューが「文頭を縦に読んだら美少女オタクアニメのキャラクターや題名」です。だが、「若いからこそ読むべきものは他にもいっぱいある、良く考えて」とあえて言っておきたいと思います。

文章、ストーリーの稚拙さは今さら言及するまでもないし
そもそも自分は途中で投げたので最後まで読んですらいないのだが
この類の小説はケータイという端末で、無料で読めるからこそ存在が許されるものであって
とてもじゃないが金を払って読むに値する文章ではない
もしこの小説(と呼んでよいものかわからないが)をどこかの新人賞に応募でもしようものなら
一次審査で足きりはまず間違いない
こんなのが出回っちゃあ
世の作家の卵の人達はやってられないだろう
作者もよく恥ずかし気もなく出版社の依頼に応じたものだ
ネットに載せるのは勝手だが
趣味は趣味のままでとどめておいてもらいたい
当然出版社側にも問題がある
この手の作品は間違いなく日本の文学の衰退に拍車をかけるし
青少年へとてもじゃないがいい影響を与えるとは思えない

この作品を読んでどう感じるかは人それぞれだが
「恋空を読んで泣かない人、批判する奴は人間じゃない」といった発言も見受けられるあたり
読者側の低脳化が一番の問題であるのかも知れない

サザンオールスターズが「ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)」を歌ってもう20数年。

「ミス~ 」はブランドを追い求め流行に流されやすい女を軽く風刺しつつ。
それでもそんな女を愛してしまう男の曲でした。
この女バカだなあ、と思いながらも相手が眩しく見えてしまうというわけです。

で、これ。
前段のような女性とは似ても似つかない真性でした。
この人何歳なんでしょうか。まず義務教育を受けた痕跡が見当たらない。ドン引きです。
というかごめんなさい。
本当は最後まで読めませんでした。無理です。

最も悲しいことは、出版社の良心もまた著者の知性と同じくらい見当たらないことですね。
本好きには辛い世になったな…
実に真面目にレビューしておられる方もいらっしゃいますね。

───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)』



この文章にむかついた人はこの小説は買うのをやめておいた方が無難です。
全体的にこんな感じだから

この小説を読んで思った。
「そうだ、海に行こう…」と。

海に着いた私はおもむろにロッドケースから竿を取り出し、ルアーをセットする。
そして海に向かって祈る。
特に深い意味は無い。
ただ何とは無しにいつも続けている習慣である。
暫し祈りを捧げた後、第一投。
鼓動が速くなる。
風を切る音と共に投げ出されたルアーは美しい放物線を描き、着水…。
長い戦いが幕を開けた。


もう何時間経っただろうか…。
その瞬間は唐突に訪れた。
弓なりに弧を描きながら絞り込まれる竿先。
来た!
ドラグが低く唸る。
かなり大物のようだ。
引きからして2kgクラス、いや、それ以上か…。
走り、潜り、首を振り、締め込み、魚は必死の抵抗を見せる。
私はそれを慎重に、そして時には強引にいなし、じりじりと距離を詰める。
あと少し!
銀色の魚体がギラリと光る。
カンパチだ!それもかなりデカい。
魚も釣られまいと必死である。
最後まで必死の抵抗を見せる。
と、その時だった。
プツン、と手元で何かが途絶えた…。
さっきまで確かに感じていた魚の重みが嘘のように無くなっている。
逃げられた…。
ラインが魚の重みに耐えかねて切れてしまったのだ。
あるいは根ズレでラインが傷んでいたのかもしれない。
暫し放心状態…。
そして我に帰ると涙が止め処なく流れた。

それでも釣り人は再び竿を握り直す。
海の魔力に惹かれたが最後。
釣り人の悲しい性なのだ。


恋空?何それ、食えるの?

とても面白いストーリーなので簡単に説明したいと思います

男と付き合い始めるヒロイン(新垣)
→その男にふられた元カノが逆恨みし、不良男たちにレイプ指示
→ 数人の男から豪快なレイプをくらい瀕死状態のヒロイン
→レイプされたにもかかわらず特に気にしない
→彼氏と平気で学校の図書室で豪快なSEX&強烈な中田氏
→ 彼の子供妊娠→ 元カノに押され、しりもちつく→流産→いきなりふられる
→ ヤリマンヒイロンはすぐに新しい彼を作る→前の彼がガンになってることを知る
→ 日々のノーマルなSEXに飽きたヒロインは、癌で瀕死の彼と無理やり無菌室での豪快なキス&野外で豪快なセックス&強烈な中田氏
→無菌室でのキス&セックスの疲労が要因で彼死亡→なぜか抗がん剤で精子全滅だったはずの彼の子の妊娠発覚
→ まあ将来とかよくわかんねーけど、とりあえず産むわ→またここに児童養護施設行きの可哀想な子供が誕生
→日本中が泣いた


読み終わった後は非常に涙が出ました、この子供の将来はどうなるのでしょうか?
これを反面教師とするためにも一度読んでおくべきではないでしょうか?
またこの小説(笑)はとても笑えるので笑いに飢えている方にもオススメです
ただし普段から本を読んでいる人には「な ん だ こ れ は」となるでしょうが
そのくだらなさも含めてギャグ小説とおもって読んでみるといいかもしれません

流行っ
   てい
     う
      の
      に
       は
       凄
       ま
        じ
        い
         力
          があ
            ります
               ね。
                 こ
                  ん
                  な
                   本
                   が
                   人
                    気
                    に
                     な
                      ると
                        はね。

友人TとMと闇鍋をした時のことです
闇鍋といえば石油製品をぶち込むのが定番ですが、僕はあえてこの恋空を選びました
ブックオフに偶然置いてあったのを見つけたのです。
ですが、あまりの薄さに仕切りのためのの厚紙かと思いました
ブックオフの店員さんがすまなそうに「百円です・・・・」と言ったのが印象に残っています
「どうしたんですか?」と僕が聞くと
「いえ、最近これを闇鍋に使う人が多いので・・・・」恋空の表紙を撫でながら店員は言いました
彼は続けて、「お客さんもそうなんですよね、顔で分かりました」
僕はブックオフの教育の行き届き具合に驚愕して思わず「え、ええ」と答えてしまいました。
「気をつけてください、これを読むととてつもない呪いにかかります」
そう言った店員の顔は真剣そのものでした。
僕はまさか出版物に呪いがあるわけないと思い、店員の忠告を右から左に流してしまいました。
後悔するとも知らずに・・・・・・・

さて、TとMが僕の部屋に来たので、さっそく鍋を開始しました
電気を消して、ぐつぐつという音が聞こえる中、僕らはおもむろに持ち寄った具を投入しました。
もちろん僕が入れたのは恋空
TとMが何をいれたかは分かりません。
僕らは暗闇の中、箸で具をつかみました
Tがおどけて言います。
「いっせーのーでで食おうぜ!」
僕とMは賛成しました。そのほうが面白みがあるってもんです。
ポン酢の入った皿に具を載せ、三人で「いっせーのーで!」と叫び具を口に放り込みました。
その直後です。Tが悲鳴を上げました。耳をつんざくような甲高い悲鳴です。
僕は電気をつけ、床を転がりまわっているTに駆け寄りました。
「どうしたT?!」
Tは僕を見て、叫びました。
「スイーーーーーーーーーツ!!!スイーーーーツだ!!」


その後、Tはおかしくなってしまいました。
目を爛々と輝かせ、しきりになにかを呟くようになりました。
「ロハス・・・自分らしさの演出・・・・アダルトな・・ショットバー・・・
 ハッピースピリチュアルメイクアップアドバイザー・・・・・思い切って・・・・残業・・」
などです。呪いは実在しました・・・・・・・・誰かTを治す方法を教えてください。
いまも病室でTは呟き続けています。
「・・・・・・・・・・・・・・モテカワスリムで・・・・恋愛体質の・・愛されガール・・・・」
新たな境地を切り開く人達の出現。コピペもあるよ!

マジヤバイんだけどコレ
マジヤバイよ
どれぐらいヤバイかっていうとマジヤバイ

コンビニでバイトしてます。

休憩時間中に読んですぐに返本しました。

一冊も売れていなかったので星5つです。

 中学生の私

   頬杖をつきながら

 隣の席の男子に顔を向けてみる

 どうやら彼は今中高生の間で大人気の 恋空 を読んでいるみたいだ

   

  

    あれはいつの事だろうか,友達に勧められ私も読んだ記憶がある
  
      しかし途中で読むのをやめたのだろうか?

   いや,最後までしっかり読んだはずだ

        読んだはずなのに内容をまったく覚えていない

   やはり人間の脳はいらないものから排除していくシステムらしい





  彼は周りの事なんか気にせず

            瞳を潤ませている

      彼の目からは今にも雫が落ちそうだ

    私は顔を黒板の方に戻しながら思った



        
       
         お前のような馬鹿丸出しの人間にだけはなりたくない

 

  
    恋空と隣の席の彼は私にいろんな事を教えてくれました
    
                                ありがとう
ありがとう。

全編に渡ってアクション続きのアクション巨編であった前作「子連れ狼 三途の川の乳母車」に対し、
今作「子連れ狼 死に風に向う乳母車」はストーリーがジワジワと進み最後に爆発するという時代劇の定例ともいえる作り。
しかし、その“最後の爆発”が異常な程の大爆発をみせる。


  荒野をゆっくりと進む拝一刀と大五郎の前に現れる敵方の侍、その数200―――。
  どう見ても勝ち目はない。それでも歩を進める子連れ狼。
  敵方より放たれた矢が空を斬る。 
  乳母車に身を隠し矢を避けるも、次は10数の火縄が狙っている。
  果たしていかようにこれを防ぎきるのか?
  「撃てぇ!」の合図と共に――

  乳母車の前面が開き、マシンガンが火を噴いた。 崩れ落ちる侍達。

  飛び道具を失い、刀剣による近接攻撃を仕掛けるべく駆け出した敵方であったが、
  彼らを待ち受けていたのは拝一刀が懐より取り出したダイナマイト。
  その容赦ない爆撃により、肉片が、腕が、足が、宙を舞う――。


小池一夫先生の何でもありの痛快さと、
三隅研次監督のダイナミックな演出とのみごとな融合である。
コレほどまでに痛快で迫力のあるアクションシーンをみせてくれる時代劇は、
今後この日本で観ることはできないようにも思える。ソレほどまでに“凄い”の一言。
若山富三郎の異常とも言える“速すぎる居合い”もコレを超えられる役者は現れまい。

また、本作が素晴らしいのはアクションだけではない。
渡り徒歩という不浄の職に付きながらも“武士道”を貫く孫村官兵ェ(加藤剛)と、
人を世を捨て冥府魔道に生きながらも“武士道”を貫く拝一刀。
生きる道は違えど同じ志を志すこの二人の男が織り成す物語も非常によく出来ている。
孫村が「武士道とは何か?」と問い、一刀がそれに答えを出すシーンなど、涙無しでは観られない。
飯盛り女として売り飛ばされる村娘を救うために、
一刀が代償として折檻を受ける場面などは男の鑑ともいえるカッコよさで痺れてしまう。

クエンティン・タランティーノは手足が刎ね飛ぶ残虐場面だけを喜んで観ていたのだろうが、
本作はそういった残虐嗜好を満たすためだけの作品としてはあまりにも勿体無さ過ぎる。
時代劇が好きでない人やグロテスク苦手な方にはオススメできないが、
できることならば多くの人に観てもらいたい名作。
この映画を観れば「邦画なんてつまらない」と思っている人も考えを改めてしまうかもしれない。
それ程の完成度の高さとエネルギーが本作にはあるように思える。


ラストで流れる挿入歌(唄:若山富三郎!)も必聴。
もはや恋空関係ねぇ('A`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/598-0fea8344

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。