やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動としまうー

しまうーは なんでしまうー?

[第一志望グループ]
・A社 リクルーター面談
・B社 1次選考
・C社 選考連絡待ち

[第二志望グループ]
・D社 1次選考
・E社 1次選考
・F社 選考連絡待ち
・G社 選考連絡待ち
・H社 グループワーク
・I社 選考連絡待ち
・J社 選考連絡待ち
・K社 適性検査連絡待ち

ココに来てまさかのK社追加。セミナーとか説明会には一切参加してないんですが、なんか気になったので…今の所webしか資料が無いのはちと痛いかなー。まぁ、今度学校に行った時にでも資料を漁ってきますか。

これまでの過程で、現場社員の方や人事の方とお話させて頂く機会が何度かありました。そこでよく聞かれるのが、「SI業界の中で、うちはどう?」とか、「どういう企業に魅力を感じてる?またそれは何で?」と言う事。うーむ、答えづらい。正直に言って答えづらい。今の所、学生の立場の自分としては、セミナーや説明会、機会があればOB訪問や社員の方との質問会という形式でお話をお伺いしているのですが、実際の現場の様子とか働きやすさとか自分と雰囲気があってるかとかやりたい内容とあってるかとか、んなもん分からないんですよ。

その分からなさ、ミスマッチを無くす為にインターンシップがあるんでしょうが、志望企業全部のインターンに参加できる訳ではないですし。昨今は企業もあの手この手を使って企業をアピールしてきますが、それでも自分に合っているかどうかは分からない。そもそも学生が自分のこと分かってないんじゃないか、と言われるようになって自己分析とか始めるんですが、たかだか20年ちょっと生きてきただけの鼻垂れ小僧の過去を振り返って何が分かるのやら。本来は社会人としてキャリアを積んできた人が分析するものだろうなぁと思ったりする訳で。

学生の本音を言わせて貰えば、とにかく内定をくれと。内定貰ってからちゃんと企業の事を調べて、行きたいところを決めるよ、と。OB訪問も社員との懇談会も、内定貰ってからでいいじゃないか、と思うんですよ。それまでの間は適正試験の勉強と、ある程度の業界絞込みでいいんじゃないかとすら思う。やれ自己分析だ、グループディスカッションだ、プレゼンテーションだ、セミナーだ説明会だジョブカウンセリングだと、やる事が非常に多いよねと。文系の学生が、3年生の1年間をほぼ就職活動だけに費やすのは、確実にやる事が多過ぎるせいだと感じる。おまいらもっと勉強汁。

話が逸れまくった。企業が自分と合っているか、というお話。ワタクシmssiとしては、いかんせん分からないので、企業が勝手に判断して下さいよ、というスタンスでいます。社会に出た事がない学生が、「この会社は自分にぴったりだ!」と感じたとしても、多分それは幻想だと思うので、この道ウン十年のベテランに任せたほうが確実なのではないかと思う。

なので学生がやる事としては、試験勉強していい点とって、面接でハキハキ喋って、「御社が第一志望です」くらいの気持ちで望む事。会社に合ってるかどうかは、人事に任せておけばいいと思う。落とされたら、それは会社と自分の相性が悪かったんだな、と思えば後悔はないと納得できる。たとえその会社に入ったとしても、相性が悪ければ入ってからやめたくなるハズなので、入る前に落とされる事は幸せなのだと考えると、いいかも知れない。そういう気持ちで面接に望む、この心構えをなんと名づけようか…カミカゼ面接、とかどうだろう(ぇー あるいは悟りの境地、ブッダ・ストリーム・アタックとか(ガノタかよ 「私はいかがですか」的な意味で、マッチ売りの少女作戦とか(悲劇のヒロイン気取りかよ

結局何が言いたいかと言うと、分裂性気質の人間というのは、こうやってグダグダ考えるんですよ、と言うことです。クレッチマーの気質分類的に。

内定を複数もらったら、今度はどうしようか…
それは貰ったときにでも考えようっと。

よろしくお願いしまう
スポンサーサイト

コメント

よろしくおねがいしまうー

人事さんも高々数十分の面接でその人のことが全部わかるほど神じゃないということですよ。
だから、学生の自己申告に基づいてその学生がどんな人間か予想して、実際の問答でそのイメージが正しいか確認する作業をしているものと思われます。
実際の面接官だって人事のプロじゃなくて現場の人ってことも多いし、こっちに有効な質問を投げかけて私を知って!というのはちょっと無茶ぶりじゃないかと。
だから、あらかじめ自分のこと、企業のことを知っておいて、ちょっとでも面接がスムーズにいくよう助けてあげよう、という歩みよりが自己分析であり企業研究であり・・・なのだと言い聞かせてがんばってます。
その企業におけるはじめての共同作業が面接官との面接における意思疎通なのかなとか。
モノゴトの動機が他人本位な人はこう考えてますw
相性の話は全面的に賛成の方向で。

よろしくお願いしまう

そうですね。就活本にも、「全てを伝えようとするな」と書いてありますし。
最低限、会社の役に立つかどうか見てるだけですね。
あとどんだけ勉強してきてんだよ、とか。

あんまり考えないようにします(ぉ
あーでもない、こーでもない、とgdgd考えるのが私の悪い癖、
もとい、分裂性気質の悪い癖です。
面接に向けて、気をしっかり持ちたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/665-80296fcb

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。