やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】鈴木先生

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS) (コミック)


なんだこれは。面白い。いや、凄い。こんな凄い漫画、滅多に出会えない。

以前から友達に進められていて、「この漫画がスゴイ!」の6位くらいにも入賞していたものの、中々手が出なかった漫画、『鈴木先生』を、ついに読みました。これはすごい。非常に密度の濃い教育漫画なのですが、ここ最近読んだ中で、ぶっちぎりで面白いです。1~5巻を一気に読んでしまいました。久々に心が震える漫画に出合えました。幸せ。

鈴木先生は中学校の国語の教師です。中学生というのは多感なもので、ちょっとした事で傷ついてしまう繊細さと、物事を自分で考えて自立しようとする心が両立しています。そんな子供達が一人一人、考え、悩み、大きなうねりとなって、ある日にそれが爆発し、クラスで騒動が巻き起こります。鈴木先生はそんな生徒達と真正面から向き合い、対話し、教育的指導を授けます。

この鈴木先生の指導が濃密で凄いんですよ…崇高で、説得力があって、中学生でも分かる。ことさらみっちり取り扱ってるテーマが性教育で、これを読むまで、自分でも気付かなかった鋭い説教を展開してくれます。鈴木先生は煩悩に振り回されまくるんですが、それでも生徒の事をよく観察して、身を粉にして仕事しています。教師とは、かくも大変なものなのでしょうか。

何かのギャグかと思ってしまうほど、鈴木先生は熱いです。鈴木先生は常に本気です。鈴木先生は、中学生に対してではなく、それを取り巻く大人に対しても指導をしているのではないでしょうか。それは例えば読者に対してもです。僕ら読み手にとっては、鈴木先生の指導は熱く楽しく、時間を忘れていくらでも聴いていられます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/718-031bde7b

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。