やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズム天国ゴールドのパーフェクト対策

7月31日に発売した「リズム天国ゴールド」を、ピンポン2とリミックス10thを除いて全てパーフェクトクリアしました。今回も非常に楽しく、ノリノリなゲームが満載で満足しています。

<追記 8/3 01:16>
全てのゲームでパーフェクト達成しました。

以下に、個人的にパーフェクトを取るのが難しかったゲームと、その対策をメモして置きます。

【ピンポン2】
 全ての操作が「はじく」であり、スピードが速く、操作の回数が非常に多いのがピンポン2。リズムぴったりというタイミングではじいてもミスになったりして、今作において最高難易度を誇るゲームだと思います。コツは、はじく前に1泊程度のタッチの溜めを作る事。ドッスン農園みたいな感じでプレイすると良いです。加えて、リズムぴったりより遅れるタイミングの判定が非常に厳しいので、気持ち早めにはじくと安定します。本当に気持ち程度で。はじくのが速過ぎるとミスになります。

【カラテ家2】
 カラテ家は判定が非常にシビアです。ピンポン2とは逆で、リズムぴったりより速いタイミングの判定が非常に厳しいので、気持ち遅めにタッチすると安定します。しかしピンポンとは違い、リズムぴったりでもまた安定できます。最大のコツとしては、画面上のカラテ家の首が上下するタイミングにに合わせてタッチする事です。カラテ家が猛威を振るうのは、ハイスピードなリミックスに組み合わされた時ですが、首の動きに合わせる事で、これも苦にならなくなる…ハズです。

【リミックス6th】
 ウラオモテとカラテ家が非常にイヤラシイです。リフティングをやっていたと思ったら、何の前触れも無くウラオモテに切り替わります。さらにカラテ家の1発目に樽が飛んできます。酷い話ですが、カラテ家の樽のタイミングだけ覚えてしまえば、まぁ何とかなります。リフティング→ウラオモテの流れは、リフティングを速めに叩いていると、切り替わる瞬間に叩いたつもりがリフティングに吸収消滅されて、ウラオモテでミスになる場合があるので注意。そこにだけ気を付けていれば大丈夫なゲームです。

【リミックス8th】
 ピンポン2が絡んできて、タダでさえ難しそうですが、中間のカメラマン→カラテ家→しゅぎょう→ブルーバーズの流れを把握しないと、いつまでもパーフェクトが出せないゲームです。冒頭のピンポン2→犬忍者の部分は、実はピンポンのリズムを一定に保っていれば大丈夫です。中間は、カメラマン→カラテ家→しゅぎょうのリズムは実は同じです。惑わされずに淡々と同じリズムを刻めば問題ありません。後半のピンポン高速ラリーは、頑張ってとしかいいようがありませんが、あまり躓くところではないかな、と思います。

【リミックス9th】
 リフティングとカラテ家が最強にイヤラシイです。前半は、何の前触れも無く突然リフティングに切り替わるので、用心していてもミスする可能性が高いです。正直、タイミングを覚えてしまうしかありません。シューティングから後半に入りますが、カラテ家の1発目に樽が来るのがイヤラシイです。しかしこれは法則があり、奇数回目にだけ発生します。「奇数回目のカラテ家は、1発目に樽が来る」を覚えてしまえば後半は大丈夫です。まぁつまり、全体的に暗記が必須です。覚えるまでやりましょう。

【リミックス10th】
 リミックス最高難易度がコレだと思います。沢山のゲームが出てきて、全部がハイスピード。パーフェクト判定も超シビアです。さらに引っ掛けもあります。暗記しても、シビアな判定のために、いつまで経ってもパーフェクトが出せない可能性があります。泣きそうになります。それがリミックス10th。しかし、対策が有効です。その分、ピンポン2よりは救いがあります。
 冒頭と最後ののカラテ家は、首の動きに合わせれば問題無いはず。ボックスショーが意外と曲者で、遅くても駄目、速くても駄目。本当にぴったりのタイミングでないとミスになります。
 ラブコールが地味に難しいです。リズムは通常通りの「シャカシャカ」ですが、スピードが速過ぎて入力が大変です。さらに最後に高速のままペンを離すと、はじいたと勘違いされて「シャカシャカシャ」になってミスしてしまいます。これを防ぐには、「シャカシャカ」が終わった時点でペンを止めて、ゆっくりと離すのが良いです。
 引っ掛け部分にあたるのが、シューティング→ウラオモテ→アイドルの部分。シューティングの最後にウラオモテの顔マークが出てくるので、これを撃ったらそのままのタイミングでウラオモテに突入します。そしてウラオモテのリズムが切り替わる時に注意。「ハイ、ハイ、ハイ、ハッーイ」の太字の部分を叩いた直後にアイドルに切り替わります。ここで叩くのを一次ストップしないとミスになります。
 今回の中で最も難しい瞬間かと思われるのが、ショートライブのハイスピード版です。すごい速さで4回はじかなくてはなりません。引っ掛けもクリアしたのに、ここで全てが台無しになる可能性大です。多少のコツとしては、はじく動作を小さく、すばやくする事です。そして、ペンの動きを「上、下、上下」とする事で、大分楽に入力できるはずです。是非試して見てください。
スポンサーサイト

コメント


リズ天は前作からファンでした!

前作はもちろん全部パーフェクトで★

ドラムレッスンは最後の最後、妥協せざるを得ませんでしたが…。
(あれは人間が出来る範囲のかな?汗)

それはそうと、今作は前作より難しいと感じます!はじく操作が苦手で…。

どうしても、ピンポン2とリミックス8がパーフェクトに出来ないんです。

↑つまりピンポンが苦手という事で!

でも、この記事を参考にまた頑張ってみますね!ありがとうございます★

はじくを苦手としている人が非常に多いようですね。タッチと違い、どのタイミングが判定に使われているのかが分かりづらいですからね。個人的には、ペンを離した瞬間かなーと思いますが。

ピンポン2、難しいですよね。最後は集中力がどこまで持つかが勝負です。頑張って下さい。


気持ち遅めに…を参考に、今日もトライしてみました!
パーフェクトは出来なかったけど、ミスが減り2~3個くらいになったので、この調子で何度もやり込んでいこうと思います!

「気持ち遅めに」は、カラテ家2です。ピンポン2では、「気持ち速めに」はじく事をオススメします。まぁ、ピッタリではじけば問題無いと思いますが…

揚げ足取りのようですいません。引き続き頑張って下さい。

ありがとうございます!


ごめんなさい!!
打ち間違いしちゃいました…;速めにですね!

あたしは少し遅いみたいなので…。曲も速いし、かなりの強敵ですが、絶対クリアできるよう頑張ります!

いつもコメント返してくれるなんて感激ですっ★

本当に色々とありがとうございました!
これからも雑記頑張って下さいね♪
さようなら!!^^

by:中3女子おんぷ

「リミックス10th」の

シューティング→ウラオモテ→アイドルの部分は、

ウラオモテで過剰にタッチしても、アイドルには影響

しないみたいです。スタッフさんのちょっとした情け

でしょうか。いきなり出てきてすいません。

>>おんぷさん
前作と比べて、今回はかなり難易度高いですよね。
いつかは必ずクリア出来ますので、諦めずに頑張って下さい。

>>PQRさん
あら、そうだったんですか。
ソフトを友人に貸してしまって現在手元に無いので、確認できずに何ともはや。
まぁあの部分は完全に引っ掛けですからね…
スタッフの情けがあるんでしょうね。
情報thxです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/723-cfa4d30d

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。