やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワスマ考察

 そういや今日は、パワスマ5回ほどプレイしてきました。キング倒せたの1回だけでしたが。今も確実に上達できているので自分の事ながら嬉しい限りです。未だに新しい発見があり、上達の為に研鑽をつめるゲームですよコレ。実にセガらしいです。どこまでも奥が深いです。

 以下、パワスマ論を愚痴愚痴と。

 このゲームをプレイする上で重要な2つの要素があると思います。「理論」と「勢い」です。リアルのテニスなら、コレに「技術」とか「体力」の要素が加わると思いますが、パワスマなので2つだけで。
 「理論」は、あらゆる局面に対応する攻め方と守り方をパターン化しておいて、常に一定のレベルのプレイをする事です。ぶっちゃけ、理論を極めればパワスマで最強になれます。そしてパワスマを強くなりたいと思う人だったら、理論を研究するのは避けては通れぬ道です。
 「勢い」は、ミスなんか恐れずにイケイケ青信号で攻めまくる事です。ズバリ「先読み」がこれです。相手がショットを打つ前にポジションを予想して迎撃体制に入り、大きなタメを作って強力なリターンを打ち込みます。ただし予想が外れる事もモチロンあります。その時は即失点につながるので、ギャンブル色が強く、守りに弱いプレイです。
 世の中のパワスマン(パワースマッシュをこよなく愛するプレイヤー)達は、理論派か勢い派のどちらかが多いです(mssiは理論派)。理論派は守りが堅く安定していますが、勢い派のセンス溢れる勘と強力な攻めには太刀打ちできません。

 で、最強のパワスマンとはどういうモノかを考えたんですが。
理論と勢い、両方を兼ね備えたプレイヤーなんじゃないかと。
 さっきの「理論を極めれば最強」と言っていた事と矛盾してるじゃないかと突っ込まれそうですがwww最近ですね、「勢い」も「理論」として取り入れる事が出来るんじゃないかと思い始めたんですよ。
 相手の打つショットを先読みして、強力なリターンを打ち込むのが勢い派の醍醐味ですが、対戦相手と自分の実力差が激しく、簡単に予測出来てしまう場合は先読みが簡単に行えます。これは「相手のパターンを取り込む」ことが出来れば造作も無い事です。
 例えば、クロスしないで必ずストレートに打ってくる相手がいたとします。プレイ中に「こいつはストレートしか打たない」事が分かれば、相手の真正面にスタンバイしていれば、必ずそこにボールが飛んできます。こうして相手のパターンを取り込むことが出来れば、勝ったも同然です。

 この「相手のパターンを取り込む」事が、「理論」として行えるんじゃないかと思うんです。mssiが最初に述べた「理論」は、どんな相手だろうとも一定のレベルで戦える普遍的なプレイスタイルの事を指していましたが、「相手のパターンを取り込む」場合の理論は、特定の個人に対して特化したプレイスタイルです。
 特定の相手と何度かプレイし、「このタイミングで打つときはクロス」「ギリギリで追いついたときはストレート」などの、その相手特有の攻め方と守り方をパターン化します。そうして取り込んだパターンを元に、相手が一番打って欲しくないショットを打ち込む訳です。
 実は、勢い派のプレイヤーであればあるほど、攻めのパターンが単純で少ないので、案外簡単に取り込む事が出来てしまいます。さらに勢い派のプレイヤーは守りに弱い事が多いので、取り込んでしまえば簡単に勝利する事ができます。

 しかし、そう簡単に行かないのがパワスマの奥が深いところでして…上級者の殆どは、「理論」をマスターした上で「勢い」を使っています。とっさに両者を切り替える事ができますし、ワザと普段と異なるプレイスタイルをして、相手にパターンを取り込ませた後で本来のスタイルに戻るなんて事をしょっちゅうやりあってます。
 もうこうなってくると、理論勢い云々じゃなくてお互いの心理戦になってきます。騙し騙され、痺れを切らした方が負けというような、なんともドロドロした世界になってきます。
 さらに上級者になってきますと、ホンのわずかな隙を見せる事すら嫌い、互いに守りの堅いスライスショットを打ち合って、相手が先にミスをするのを待つという戦術になります。いわゆる「スライス合戦」です。こうなると長期戦覚悟です。「パワスマは疲れる」と言われるのはこの辺りが原因だと思われます。

 まぁしかし、そんなパワスマが大好きです。
上の文に、一体どこが面白いんだという突っ込みが入りそうですが。

だがそれがいい。
スポンサーサイト

コメント

わかるぞ。実に分かる。
説明すると、一向に面白そうに思えないのもすげーわかる。
説明すると、なんか非常に難しそうに見えるのもすげーわかる。
 
面白ければよかろうのだァー!
それでいいのだ(・ω・)ゝ

説明文を書いていても、結局やってる人にしか理解できないような自己満足の文章になってしまう拙さよ。非常にもどかしい。

やっぱりゲームは実際に遊んでみるのが一番かなぁと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/77-76c86ef1

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。