やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】げんしけんと私

げんしけん (1)



何を隠そう、私はこの作品を読んで『目覚めた』クチのヲタである。自分の人生を変えたこの作品は、私にとってバイブルに等しい。

今から4 年ほど前だったか、その頃の私は漫画喫茶でバイトをしていた。当時の私は自分の事を、「漫画とか好きだけど、割とフツーの大学生」だと認識していた。そしてある時、たまたまレジの近くにあったこの作品が目に留まり、パラパラとページをめくってみた。そして雷に打たれたような衝撃を受けた。登場人物の中に、まさに自分と同じ行動をとるキャラがアキバを闊歩していたのだ。

私は幼少の頃から、家の電気配線などを自分で改造してしまう親父に連れられて、アキバによく足を運んでいた。最初の頃はゲームを買ったりCD-Rを買ったりしていた。なんか変な店がちらほらある事はうすうす感付いていたが、自分とは関係ないと思い、華麗にスルーしていたものだ。

そんな訳で、「自分はオタクじゃない」とか皮被った考え方してた自分が、げんしけんでアキバを巡回する斑目達の姿と重なって見えた時には大変な衝撃であった。「自分はオタクだったんだ」とこの時悟った。と同時に、「自分はオタクでいてもいいんだ」とも感じた。免罪符を貰ったキリシタンの心境である。これ以降、漫画を読む時の後ろめたさは全く無くなった。以上が、げんしけんと私の出会いである。

内容?

ヲタが同人誌読んでゲームしてアキバとコミケについて語る漫画です。
スポンサーサイト

コメント

私もこの漫画を読んですごく考え方が変わりました。
物を買うときに値段を見ないようになりました。

序盤の大野さんが好きです。

私も値段を見なくなりました。

初めてエロゲをプレイする時の笹原が好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/789-41f13467

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。