やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】変人と天才は紙一重

変人偏屈列伝



新年早々、すばらしい漫画を読んだ。この本は、実在した奇人・変人を史実に基づいて描いた短編集だ。原作・構成を荒木飛呂彦が手掛け、作画は鬼窪浩久だったり荒木飛呂彦だったり、エピソード毎に違う。掲載された雑誌も、今は無きオールマンやウルトラジャンプだったりとバラバラで、初掲載から15年の時を経てようやく本書の出版と相成った。ボックス付きハードカバーの装丁で、漫画としては極めて豪奢な部類に入るが、本書の内容は装丁に見合った深い味わいで何度でも読み返したくなる程だ。

本書に登場する奇人・変人は、何かに取り憑かれたかのような使命感を背負って生きている。それは誰にも理解されないが、本人は大真面目で生涯それを貫く。そして最後に彼らは偉大なる結果を残すのである。それを端的に発しているのは、本書の一番最初に描かれているメジャーリーガーのタイ・カッブである。

カッブは極度の負けず嫌いで、自分にナメたマネをする相手を容赦無くメッタ打ちにする。ある日には自分を野次った観客をボコボコにし、無期限の球界追放処分を受けるが、たったの1日で彼は球界に復帰する。カッブのチームメイトが彼の追放処分に対してストライキを起こし、野球ファンたちが処分に反対したのだ。クソ生意気で憎たらしいカッブを見たいが為に、観客動員が5倍にも膨れ上がっていたのである。

結局カッブは、追放時の3倍の契約金で球界に復帰した。その後は23年間連続で打率3割2部以上の偉大なる記録を打ちたて、今日の科学的野球の基礎を築き、選手の権利を主張して選手契約の基礎を作り、初代殿堂表彰を受けた。メジャーリーグ史上最も忌み嫌われた選手であったが、今なおファンの心を掴んで離さない、不世出の名選手である。

…と、カッブの説明だけでレビューがほぼ終わってしまった。しかし本書は、ほぼこんな調子でずっと続く。他にも紹介されている人物は、エジソンを震撼させた天才であるニコラ・テスラや、腸チフスを保菌し衛生管理官から逃げ続けて調理師を続けた”腸チフスのメアリー”、生涯家を増築し続けた未亡人のサラ・P・ウィンチェスターなど、「こんな人間マジで居たのかよ、どっひゃー」となる変人ばかりである。

本書を読み終えた後、私は無性にワクワクした。ワンピースに出てくるような変人キャラが、この世界のどこかに実在し、すごい事をやってのけたことを知ってしまったからだ。事実は小説よりも奇なりを、まさに示して見せた本である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/795-dbe5f981

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。