やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】新書だと思ってなめたらアカン

すべての経済はバブルに通じる



本書は、現在進行中の世界金融危機、および上海同時株安における投資家の思惑と行動を読み解くものである。

プロの投資家同士が運用のパフォーマンスを競い合い、レバレッジを効かせて、投資資金を自己増殖させた結果、バブルが起こり、バブルは崩壊する。そして投資資金は新たな自己増殖の場を見つけ出し、再びバブルの下地を作る。

この一連の流れは投資機関の構造的な問題から発生しており、コントロールする事は不可能である。筆者はコレを「キャンサーキャピタリズム」と名づけ、今後も形を変えて発生し続けるであろう事を、本書で説いている。

本書で非常に勉強になるのは、プロの投資家が日々のマーケット情勢に対し、何を考え、どう行動するかについて、綿密に解説されている点である。そこからバブルが誘発される仕組みについても、流れるように詳しく解説されており、無理なく読める。

ここでの投資家の行動については、行動ファイナンスに基づいた分析が多用されている。世界の市場を俯瞰した、マーケット・ウォッチャー的な視点でバブルを把握できる。新鮮な視点で非常に面白い。

ただ、こういう本の宿命なのか、過去の値動きを細かく載せて解説されているので、読むのに多少時間が掛かる。この点に関しては、紙媒体よりも、PCによるプレゼンの方が有利なんだろうな、と感じた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/848-dea06669

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。