やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】最初から最後までビール尽くし

もやしもん 8



感動した!今年4月に入ってから読んだ漫画の中で、これは一番面白かった。この8巻だけで、ほぼ1つのストーリーが完結しているので、これ以前の巻を読んだことの無い方にも、オススメできる一冊である。

この『もやしもん』は、イブニングで連載している某農大というか菌の漫画だが、主人公の沢木がいつにも増して存在感が薄くなっている気がするというか、活躍の場面がほとんど無い。今回の中心人物は、ミス農大のムトーと、表紙にもなってる「かのうファーム」のはなちゃんだ。

自分の蔵で作った地ビールを日吉酒店に持ち込んだはなちゃんだが、地ビールに偏見のあるムトーは、地ビール批判をまくし立てる。しかし、はなちゃんのビールを自分で飲んでみて、その美味しさに気づいたムトーの中に、「ビールとは何か」という迷いが生じる。そして、はなちゃんの酒造に足を運び、蔵をぴょんぴょん跳ね回ったりお客さんのクレームに対応しているはなちゃんを見たムトーは、「ビールとは何か」の答えを見つけ出し、農大を挙げてのビール試飲会、「農大オクトーバーフェスト」の開催を決意するのだ。

この「農大オクトーバーフェスト」が開催されるまでの話の運びが、実に面白い。祭りの準備を目の当たりにしている感じで、とてもワクワクさせられる。しかもこのエピソード、日本に実在するビール蔵に協力を要請して、蔵のロゴやラベルを劇中に登場させているのだ!コミックスのカバーを外した裏に、実際に使用された協力要請のビラが書いてあったり、劇中にイブニング編集部への連絡先が書いてあったりして、舞台裏を見ている心地だ。

『もやしもん8巻』のポイントは、読者もこのお祭りに参加している気分になれる事だろう。これは『げんしけん』のコミケのエピソードが妙に生々しくて面白かったのと同じで、お祭りとか戦争とかバトルが盛り上がる漫画は、間違いなく面白い。もやしもんは、菌のうんちくとかオリゼー達の可愛さに目を奪われがちだが、農大を舞台にして勃発するお祭りこそが、面白さのキモなのではないかと、今回読んで思ったりした。

なお、今回もビールのうんちくが満載である。これ1冊で読むのに2時間掛かった。まぁとりあえずうんちくは置いといて、ウルケルとゾットが飲みたくなったぜ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mssi.blog29.fc2.com/tb.php/857-66bcdaf6

 | HOME | 

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。