やる気の無い日記や小ネタ

ねもすぎ雑記

コメントの順番を直しました(遅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモwebメール

ドコモwebメール発表、PC・携帯電話で利用可能

これいいな。現行のi-modeメールのアドレスを有効にしたまま、スマートフォンに乗換えることができるかも知れない。

今週の漫画メモ

二週間分の読んだ漫画リスト。感想は面倒くさいので放置。
どんどん楽な方に流れているな…

・シグルイ 14巻

・水面座高校文化祭 1巻

・京洛れぎおん 1巻

・うそつきパラドクス 2巻

・DARKER THAN BLACK 1~2巻

・響子と父さん

・鈴木先生 9巻

・カブのイサキ 1~2巻

・東方三月精

・ミノタウロスの皿

・新装版 ヨコハマ買出し紀行 7巻

・70億の針 4巻

・未来日記 10巻

・未来日記パラドックス

・ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンド 9巻

・狼と香辛料 4巻

・放浪息子 10巻

・WORKING!! 7巻

・ささめきこと 6巻

・ひだまりスケッチ 5巻

・ママはテンパリスト 3巻

・ダーリンの頭ン中 2巻

今週の漫画メモ

いやー放置してたら漫画溜まりすぎた。
つーわけでさらっと感想を。

・サンケンロック 1~9巻
すげー画力の韓国ギャング界成り上がり漫画。
ギャグとエロスとバトルのバランスが素晴らしい。
主人公が強すぎで悪党をぶっ飛ばして気分爽快。
大変面白いっす。

・舞姫テレプシコーラ 1~10巻
まさかこれにハマるとは…
少女漫画なのにアツイ。バレエに人生をかける少女たちの生き様が見える。
バレエの事全く知らなくても、解説が分かりやすいので無理なく読める。
が、細かいバレエ用語は読後に全然覚えられないw
ちなみにこちらは序盤です。

・舞姫テレプシコーラ 第二部 1~3巻
というわけで主人公の六花(これで"りか"と読むんだぜ…)が中学生から高校生になりました。
第一部が衝撃的な結末だったので、続きが気になって食い入るように読んでしまう。
六花がローザンヌのバレエ・コンクールに出場しています。
他者にはない才能の片鱗を見せる六花。続きが気になるなー。

・Bartender 16巻
これ1冊で北海道編がキッチリまとまっています。
この作品でコミック単位の物語やるのは初めてなんじゃないかな。
北海道のニッカウヰスキー蒸留所に見学に行きたくなるなぁ。

・ULTIMO 3巻
武井先生ノリにノッてる。
細かいネタをちりばめてテンポもいい。
そして何よりストーリーがぶっ飛び杉。
先の展開が全く読めない作品。くそやばし。

・STEEL BALL RUN 20巻
もう20巻まで来ました。vs大統領も決着近そうな感じだなー。
というかルーシー&大統領が無敵すぎじゃね?
時間停止だとか時間加速だとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

・ハルシオン・ランチ
『無限の住人』を描いてる人のギャグマンガ。「Good! アフタヌーン」で連載中らしい。
いやもー、ギャグがマニアックなのと、1コマ1コマにネタを散りばめてる感じがすごい好き。
沙村さんサービス精神旺盛すぎだぜ。
あと街が壊滅し過ぎ。

・よんでますよ、アザゼルさん 4巻
限定版は買いませんでした。
相変わらず時事ネタを毒突いて不条理ギャグにしたてるのがうまいなー。
神とルシファーのキャラが素敵すぎる。
個人的にルシファーは2010年のキャラNo.1にしてもいいんじゃないかと思う。
そんくらい好き。

・ケロロ軍曹 20巻
これも20巻いったかー。
映画もかなりやってるみたいだし、子供にウケると強いなー。
今回の話はコミック1冊まるごと海底の話。
映画の原案らしい。映画は見てないから知らないけども。
ところどころに、妙に大人の慕情をくすぐる話が出てくるので、
大きいお兄ちゃんにも読めるかなーと思う。

・勇午 フィリピンODA編 1巻
相変わらずの社会派サスペンスを貫く勇午です。
今回はフィリピンで日本の自衛隊がなんかやってんじゃないかという話。
元は「フィリピンで死んだ弟の身寄りに資産を渡す」という依頼だったのに、
どんどん話が複雑になってくるのは毎度のこと。
相変わらずの安定感で安心するぜ。

・BAKUMAN 7巻
今、最高に面白い漫画の一つ、バクマン。
密度が濃いので週刊連載は飛ばし読みしてますが、
コミックスでじっくり読むと、面白すぎて震えてくるわ。

・パーツのぱ 2巻
アキバのパーツショップのお話。
自作好きならすげー楽しめると思う。
そういえば社会人になって思ったんだけども、
PC自作ってIT企業の人間でも、あんまりやらないんだなー。
私の会社の先輩たちでPC自作する人は一人もいません。
古参の人達でレガシーなデバイスの歴史とかめっちゃ詳しい人はいますが、
そういう人達もNWやDBやUNIXやプログラム言語には詳しくても、
CPUやグラボや電源を自分で載せ替えたりはしないようです。
なんだか意外。

・新装版 TRIGUN MAXIMUM N-1~2巻
この辺から自分が読まなくなった部分なので、普通に新鮮に楽しめます。
そういやブランクが空いてからアワーズの連載読んだら、
知らないキャラのオンパレードで話に全くついて行けなかったなー。
その辺の回収も、この新装版があれば無問題。
というか数ある漫画の中でも、この人のセンスは飛び抜けて独特のものだよな。
こういうアメコミちっくな事やる人って全然いなかったし、
今でも私はこの人意外知りません。
作者がノリノリでウッヒョーな感じで、
趣味全開で描かれている感じがたまらん。

・ちはやふる 8巻
衝撃!若宮詩暢がまるっとぽっちゃり系に…
一番好きなキャラだったのでショックは計り知れないわ orz
あと周防名人が本領発揮してますな。
どうすりゃ勝てるんだよこれ…

・弱虫ペダル 10巻
インターハイ始まったな!
1日目1stリザルトのスプリント勝負が載ってます。
なんという汗の量、なんという暑苦しさ。
現実じゃこんな変な人達はいない(と思う)んですが、そこは漫画の醍醐味。
極端にデフォルメして強烈に味付けされてます。
そいつらが全力なもんだから面白い。
あー早く11巻でないかな。山岳勝負は最高だった。
コンビニで立ち読みして叫びそうになるほど面白かった。
久々に漫画読んでて「生きててよかった」と思える瞬間だった。
とりあえず11巻が出るまでは死ねない。

・狼の口 1巻
これは良作を発掘した!
コミック・ビームで連載されてる作品らしい。
14世紀アルプス地方の関所の話。
レビューとか書きたいぜ。

自転車ができるまで

サイエンスチャンネル THE MAKING 自転車ができるまで

我々が普段載っているママチャリが、どのようにして製造されているのかを動画で紹介されています。動画の閲覧の仕方は、上記リンク先の記事の手順を踏んで下さい。

いやはや、自分が想像していたよりもずっと自動化されているのね。ハンドルを自動で曲げる機械、ハブにスポークを通す機械、遠心力で垂直にしたスポークをキャッチして治具に納める機械、それをリムに収めて仮締めする機械、極めつけはホイールの自動フレ取り機械。いやはや、ホイールとか職人のおっちゃんが手で組んでるのかと思ってましたよ。大量生産の規模と原価を考えたら絶対に無理だね。まさかフレ取りまで自動化とは…

工場って面白い。創意工夫に素直に感動する。この撮影工場は大阪の堺市で、シマノのお膝元なのだな。しかし、今は中国の大量生産自転車が出回っている時代で、この撮影工場は廃業してしまったらしい。自動化すれば人が減る。工場で働いていた人達は、今どうしているのだろうか。いやはや。

東京マラソン応援してきました

今日は「東京マラソン」が開催されて、私の自宅の目の前を大勢のランナーが走り抜けていきました。私の会社の先輩が参加する人のことで応援に行ったのですが、出走者が多すぎで先輩を判別出来ませんでした…どこにいたんですか先輩…

私は今まで、こういうレースに参加する人は、「体力に自信のあるバリバリのアスリートがガチンコの勝負を行うため」に参加しているのだと思っていました。しかし、沿道で小一時間応援していて、その認識が間違っていることが分かりました。

ゴールまであと4キロ。スタートから5時間経過。ある人は息が上がり、ある人は足を痛め、苦しさや痛みと闘いながら走っている。優勝争いをしていたトップ集団は「他人と順位を競い合う」まさにプロスポーツの世界で、私のスポーツに対する認識もそれと同じものだったのだけど、この東京マラソンに参加している一般参加の出走者達は違うのだ。苦しくても痛くても、諦めずにゴールに進む「自分との戦い」を行っているのだ。

そんな一般参加の人たちに、沿道から「がんばれー!」と声援が届く。それに応え、笑顔で手をふるランナー達。その時にわかった。これは、走る人と応援する人が、互いに協力しあって作り出している、ひとつの「イベント」なんだな、ということ。応援している側も楽しいし、「自分も走ってみたいなー」とその時感じた。とても楽しそうなのだ。

というわけで、小さい目標が出来ました。マラソンじゃないけど、自転車の市民レースとか参加してみようかな、と。とりあえず完走が目標の初心者レベルで、イベントに参加する事自体を楽しんでみようかな、と。本当はキチンとしたロードバイクを所持して、LSDで心肺機能を高めてから参加する密かな予定があったんですが、そんなガチンコ指向の予定は別にいらないな、と今回思い知りました。

どうしよう。まだ自転車レースとか見に行ったことすらないんだけども。チャリ屋で見るツールのDVDとか、北京オリンピックのロード部門とか、漫画のロードレースしか知らないや。ま、でも参加すればなんとかなるかな。

今後の予定はナニも考えていませんが、まーなんか決めたらまた報告します。

今週の漫画メモ

残業しまくりなのにやたらと読めたのはなんでだろうか。

・スキエンティア
戸田誠二のすげぇ短編。ちょい近未来科学要素が入ってる。
これよむと、人生もう少し頑張ろう、という気分になれる。
ウシジマくんとは真逆のベクトルを持った、ヒューマンドラマ。
これも近々紹介しようと思う。
そういえばウシジマくんのレビューまだだったなー。

・美咲が丘life 2巻
同じく戸田誠二の漫画。こっちはSF要素とかなし。
そのかわり、街で生活する人間のドラマをじっくり描いてる。
元々友人に勧められて読み始めたけど、自分も気に入ってしまった。

・地球の放課後 1巻
吉冨さんの趣味全開な感じの漫画。
生足好き過ぎだろう。

・魔法先生ネギま! 29巻
魔法世界編も中盤の盛り上がりを超え、そろそろ終盤に入りました。
なんかこれ終わったら物語終了な印象ですが。

・月光条例 8巻
人魚姫編とか、これまで敵だったキャラが味方につく展開が王道で熱い。

・アイアムアヒーロー 1~2巻
スピリッツの連載で初めて目撃したのが第11話で、その時は「なんだこりゃ」と思ったものでした。
単行本1巻を読むと売れない漫画家の話で、またしても「なんだこりゃ」と思いました。
事件の全貌が全く分からない。でもすごいドキドキする。
これは読者が主人公の英雄と同じ視点で世界を見れる漫画なんだな。

・WOMBS 1巻
「天顕祭」を描いた白井弓子さんの新作。
今回はなんと妊婦ミリタリー(違
設定がかなり変化球で面白い。

・テルマエ・ロマエ 1巻
古代ローマ時代の建築技師が、日本の風呂にタイムスリップする話。
この設定だけでかなりイケてると思う。
あと主人公が日本の風呂システムにいちいち感激している処が面白い。
んで1冊で完結するのかと思ったら続いてるらしい。
もう美味しいネタは出尽くしてるような気がするが…

・ローゼンメイデン 3巻
正直言って内容はさっぱり理解できませんが、
雰囲気とドールの可愛さだけで読める漫画です。
もうアニメやらないのかなー。

・天叢雲
これ結構お気に入りなんだけども、
続くのかと思ったら1冊で完結してるんだよね。
もっと話を広げられそうな余地が沢山あるのに…
あといかにも中二病前回な感じも大好き。

・青い花 5巻
でました。「放浪息子」と違ってドロドロしてないのが良い。
ただ美しい。百合っていいね。

・週刊少年チャンピオン 40th
昔のチャンピオン作品を、新作読み切りで載せた本。
「花のよたろう」「本気!雑記」「がきデカ」「ブラックジャック創作秘話」が面白かった。
「京四郎」は昔よく読んでたんだけども、今読むと多少お寒い感があるなぁ…
時代が変わってしまったんでしょうかね。
買って良かった1冊。

・つぼみ vol.5
男性向けの百合アンソロジー5冊目。もう1周年ですよ。早いものです。
今回衝撃だったのが、「堀井貴介」なる作家の作品が載っていたこと。
…絵柄が、どう見てもマリみて同人で私がお気に入りだったあの人です。
サイトが無くなって、今はどうしてるんだろうと心配していたんですが、商業デビューされたようです。
やった。良かった。おめでとうございます。
これからも応援しようと思います。

・嘘つきパラドクス 1巻
たまらん。以上。

・知る辺の道
紺野キタさんの短編。すごく良い。
不思議な向こう側の世界と現実世界の棲み分けが非常にうまい。
そんでちょっとだけハッピーエンドで終わる。
「きつねの火」の話が素敵で印象的。
発行日見たら2005年だった。良い作品見つけたなー。

・つづきはまた明日 1巻
同じく紺野キタさんの作品。
父子家庭がテーマになっているのかなーと思われる。
同じテーマの作品に「マイガール」があったけど、あれは好きになれなかった。
子供が子供らしくない。主人公が関わる世界が狭い。
先行きがどん詰まりに思えるのに、無理して笑ってるように見える。
見ていて不安になる作品だったなーマイガールは…
でもこの作品は、家庭に笑いがある。世間との交流がある。
見ていて和む。

・ヨコハマ買出し紀行 新装版 6巻
いやー面白いわこれ。ハマってしまった。
この世界観の素敵さと言ったらもう…!
アルファさんが旅に出てから、関わる世界を少しずつ広げ、
自分のルーツを少しずつ紐解いていく過程がすごく興味深い。
物語の設定は色々考えられているんだろうけども、
アルファさんがそれにほとんど興味を示さないでサラッと流されるだけなのがたまらん。
個人的にはARIAに匹敵する面白さだわ。
最高。

・絶対可憐チルドレン 20巻
「ファントム」の設定が連載だけ読むと意味不明だったのが少しずつ分かってきた。
あとフェザーにブチギレる志穂がかわいい。

・FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE 5巻
犬塚が難民キャンプに関わる話はゾクゾクした。戦争はなんと無慈悲なのか。
「良いやつはみんな死ぬ」を地で行く漫画だ。
今連載されている「羊飼いの帰還」も面白そう。
太田垣康男の虜になりました。

・舞姫 テレプシコーラ 1~4巻
会社の同期に勧められて読み始めた。
バレエの事はほぼ分からないので、読む内容全てが新鮮だ。
とりあえず今出ているものは全部読もうと思う。

今週の漫画めも

今週読んだ漫画リスト。
1週間まるまるDSのゼルダやってたので、実質1週間しか読んでませんわ。

・あまんちゅ! 2巻
 相変わらず良い世界観作ってくれるわぁ。しかもまだ、てこが海に潜ってない。
 海の中ではどんな素敵ワールドが広がっているのだろうか。
 ダイビング経験の無いてこの視点で物語が進んでいくのも良い。
 この感覚は、RPGのワールドマップを探索するのに似ている。
 しかも今は街を探索している状態。先が読みたくてしょうがない。
 じっくり腰を据えて味わえる良作に育って欲しい。これからに期待。

・シブすぎ技術に男泣き!
 最近、こういうエッセイ系の漫画が好きになってきた。自分の親でも読めるからだ。
 日本の中小企業でエンジニアとして働いてきた著者が綴る、技術系エッセイ。
 製作する機械の解説が一々細かいので、メカに興味がないと面白くないかもしれない。
 自分はこういうの好きだけど。

・新世紀エヴァンゲリオン 11巻
 今更ながら買ってみた。エースの連載は全然読んでないけども。
 中学生の頃に4巻あたりまで買ってたなぁ。当時のコミックは捨ててしまった。
 なので、今は手元にこの11巻しかない。
 貞元さんの絵はイイなぁ。熊倉裕一さんと共通してる部分がある気がする。
 ここから前劇場版に持っていく流れみたいだけども、結末はどうなるんだろうな。
 4月に12巻が出るみたいなので期待。

・弱虫ペダル 8巻
 8巻だけ見逃してた。もうすぐ10巻が出るというのに…

・いなかの 2巻
 この人、同人誌も出してるのね。成人男性向けで。
 それを読んでからはいやらしい絵にしか見えないから困る(ぉ

・サマーウォーズ 2巻
 映画の内容に忠実に作ってあるなぁ。
 でも冷静に考えたら、ラブ・マシーンが4億以上のアカウント同時に操るって、
 相当な性能のコンピュータが必要だよな。米軍ならそれもやっちゃう想定なのかな。
 ozのシステムだとケータイ1台で1アカウント操作できるので、
 てきとーに考えて普及価格帯のPC1台で10アカウントくらいいけるのかな。
 業務用のサーバで10台の仮想PCを使うとすると100アカウントとして、
 ラブ・マシーンはサーバ400万台か。Googleのデータセンターよりすげぇな。
 まぁ計算の前提がてきとー過ぎるので気にしないで下さい。

・屍鬼 7巻
 フジリューの絵と和製ホラーの雰囲気がマッチしすぎ。
 そして話がいいところで終わりすぎ。ここからどうなっちゃうんだよ…

・水晶石の森
 雰囲気で買ってみた。絵本の世界みたいなお話ね。

・闇金ウシジマくん 17巻
 やばいウシジマくん面白い。
 今までも凄かったけど、今回の「楽園くん」編はすごい。
 なんせ登場人物の誰一人として幸せになってない。
 あとで詳しく書こうと思う。

・純潔のマリア 1巻
 「もやしもん」の作者が中世の戦争もの始めた。
 設定がイケてる。1巻終わった時点でかなり興味深い作品になってる。
 けっこうファンタジー入ってるけど、そもそも菌が見えるって設定がファンタジーだから別にいいか。

・スペランカーアンソロジー
 秋★枝さんがいると聞いて買いました。あと犬さんとか、石黒さんとか。

消失

涼宮ハルヒの消失』を見てきました。いやー楽しくて懐かしい。

原作を読んでから大分経つので、ストーリーをほぼ忘れた状態で見ていました。アニメ2期も見ていないし、かなりブランクがあったので、キョンのナレーションを聞いてまず「懐かしい」と感じました。そういやあの当時はめっちゃ盛り上がってたよな。書店から原作のラノベが消えてたし、DVDも初回限定版がプレミア付いていたし、同人誌も「涼宮ハルヒの○○」というタイトルの作品が溢れ返っていた。そういう当時の記憶が一気に溢れ出てきました。

ストーリーが完全に頭から飛んでいたので、変な色眼鏡で見ることなく鑑賞できたと思います。改変された世界に戸惑うキョンと共に「一体どうすりゃいいんだ!絶望的じゃないか!」と共感しながら見ることができました。それに作品のクオリティが相変わらず高い。音響も演出も完璧。ただ難点があるとすれば、作品の尺が長すぎると感じたことかと。160分は流石に疲れた…というより、トイレめっちゃ我慢しながら見てた。

映像のクライマックスに差し掛かってくると同時に原作の内容も思い出してきて、「えぇー最後のケリを放置して終わっちゃうんですかー」という感想を、当時原作を読んだときにも自分は同じ感想を持ったことを思い出して、「じゃぁなんだ、原作通りに作ってあるんじゃないか。京アニやるじゃん」と思ったりした。

ついでにヲタの間ではちょっと前までハルヒ原作が止まった理由に関して色々噂が流れていたが、この「消失」のパンフレットに谷川流のインタビューが載ってました。作者死亡説はどうやら回避できましたが、続編というか「分裂の続き」についてはインタビューでも触れられていません。むぅ。流石に期待はしていないし、いまではたまーに思い出す程度だけども、それでも何年後かに発売したら間違いなく読むなぁ。まぁラノベではよくある事みたいです。

ちなみにこの作品で最も印象に残ったシーンは、キョンに押し倒されるセクシャルな長門さんです。本当にありがとうございました。

Windows7は最高だ



Windows 7 Professional 64bit Edition に無事移行できました!いやーすごい。何が凄いって、動作が一々超高速なのがすごい。

Vistaでは右クリックしてからメニューが現れるまで数秒の待ち時間が発生していましたが、Win7ではノータイムで出てきます。デスクトップやゴミ箱だけでなく、アプリケーション上での右クリックも超高速でメニュー出現。これだけで交換した価値があった…

他にも細かな変更点は沢山あるみたいで、MS Painter や 電卓のインターフェースが微妙に Microsoft Office 2008 っぽくなってます。それから DOSプロンプトに加えて、新たな CUI である Windows PowerShell というアプリケーションも標準で追加されています。Linuxのターミナルっぽく使えるみたいだけど、これは業務で使うユーザ向けだろうな。詳しい機能は知らないので、興味が沸いたら調べてみよう。

さらにおまけに、自分のCPUではXP互換モードが使えないだろうと思っていたのだけども、ここで調べてみたら自分のCPUの名前(Q6600)があった!これには少なからず感動した。自分のCPUは古くて無理だろうと諦めていたからだ。念のためにProfessional買って良かった…!

早速使ってみたらバッチリ動きました。


互換モードのリストの図

XPどころの騒ぎじゃねぇ…ッ!
Windows 95 や Windows Me があるってどれだけ幅広いんだ。

XP時代に自分が愛用していたアプリを起動してみた。


Vistaでは動作しなかったIME Wacherが動くの図

これでもうVistaには戻らないだろうし、XPへの未練も無くなりました。

久々にPC触ってワクワクしてきた。これはVistaには無かったワクワクだ。XPからVistaに移行したときには、「XPと同じか、それ以上に使いやすい環境を整えよう」と思っていた高ぶる気持ちが、アプリの非互換問題や、いちいち引っかかる動作の緩慢さのせいで、急速にしぼんでいった。Vistaが批判される点はいろいろあるが、個人ユーザ視点から見ると、不満点はこの2つが大きいように思う。

それが今回の Windows 7 は、アプリはグリグリ動くし動作もぬるぬる速い。Vista時代に感じていたストレスというものが何も無い。それでいてインターフェースは格段に変化している。覚えるのに一苦労ありそうだが、使いこなせば便利になる予感がひしひしとある。これはワクワクだ。この新しいOSを色々試してみたくなる。期待せずにはいられない。

Windows 7最高。

あとはどんな便利な機能があるのか、少しずつ調べていこうと思います。

Win7買いました



Windows7とSSD買ってきた。これからOSを移行してみる。

«  | HOME |  »

Recent Entries

ついったー

Recent Comments

Recent Trackbacks

Prof

Links

Categories

Monthly

Search

こうさぎ

RSS Feed

Powerd by FC2

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。